雲南皮膚病研修3日目ー2
午前の診察の研修が終了して。
お昼の時間です。
病院の近くのレストランで昼食です。
昆明研修
テラスのような日当たりがいい席でお食事です。
昆明研修
どこにでも提灯があって一年中ランタンフェスティバル状態です。
昆明研修
今日も色々なお料理が出てきます
これはビーフジャーキーのような干し肉です。
中華テイストでお酒のつまみにいいですね
昆明研修
これはお豆腐の炒め物。

昆明研修
クロレラの料理て言われたけど?良くわかんないです、、、

昆明研修
さすが南方です。
椰子ジュースが出てきます。
あっさりしておいしいです

食事が済むとお昼休みを利用して近所を散策しました。

昆明研修
昆明で一番の歴史を持つ薬屋さんです。

昆明研修
ここら辺は昔の古い建物が残っているのですが再開発されるそうです。
昆明研修
古い2階建ての建物が続いています。

再開発はこの辺は高層ビルでは無く昔の町並みを再現するそうです。
数年後には新しくて古い町並みができているんでしょうね

昆明研修
繁華街の中で見かけた2元ショップ日本で言えば100円均一でしょうか?
なかなか繁盛してました。

昆明研修
これも繁華街で見つけた銅像、写真機が横にあります。
昆明研修
説明文を見ると昆明で初めて写真館を開いた人のようです
日本で言えば上野彦馬のような人ですかね。

昆明研修
昆明で目立ったのがスクーターです。
それも電動スクーターです。エコのためでしょうか?
でも、音も無く身体のそばを走っていくので結構怖いです。

昆明研修
裏路地で小鳥や亀、猫を売ってます。
食べ物ではありませんペットです。
昆明研修
再開発が始まる前まではこの通りの両側にずらっと小鳥などの露天商が
並んでいたそうです。

中国の方は小鳥を飼うのが大好きです。
近頃は犬の散歩をしている人も良く見かけるようになりました。

町を散策してると昔の日本の町並みと錯覚します。
昆明研修
ほら、昭和30年代の3丁目の夕日にでてきそうでしょう。

この風景を見るなら今のうちですよ。
中国はどこも開発のスピードが速くて数年のうちに町並みが
変わってしまいます。
日本の高度成長期を数倍の速度で進んでいるようです。

さあ、散策で気分一新午後の講義に向かいます



| 中国研修の模様 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修3日目ー1
昆明に来てもう3日目です
今日も病院で研修です
雲南研修
元気に病院に到着。今日も気合を入れます。
雲南研修
今日も午前中は診察の見学です。

雲南研修
今日も次から次に患者さんが来られます

雲南研修
脈診です。左右を丁寧に診ます。

雲南研修
みんな真剣な表情で先生の診察に集中しています。

雲南研修
湿疹の子供さんの診察です。
まだ、発症してから数日で軽い湿疹なのですが。
お母さんが心配しています。
中国は一人っ子ですから子供は大切にされていますね
小皇帝といわれるほどです


処方の中身を見てみると蜈蚣(むかで)僵蚕(カイコ)烏蛇(へび)などが使われています痒みを抑えるのにすごく良いそうです。
日本ではなかなか使いにくいですね。
煎じ薬をあけるとムカデや蛇が出てきたら驚かれますものね。

病院の薬局を見てみましょう。
雲南研修
処方箋の指示通りに調剤して行きます。
雲南研修
大きな百味箪笥です。中に様々な生薬が入っています。
雲南研修
一包の単位が多いですね。
大きな洗面器一杯分くらいあります。

雲南研修
煎じ機です。
中国もみんな忙しくなってきてなかなか煎じるのもできない人も多くなってきました。
そんな方のために病院で煎じて持ち運びしやすいパックにしてくれます。
雲南研修
煎じると6元、小袋に分包するごとに1.5元費用がかかります。
中国の物価から考えると結構高額です。
お金持ちが増えてるんですね。

今日も門前市をなす状態で患者さんが次から次に来られます。








| 中国研修の模様 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修2日目ー2
食事が済んで午後は講義の時間です。
雲南研修2日目
最初は皮膚病の清熱と潤いを補う治療法の講義です。
雲南研修2日目 李先生
講義していただくのは李先生です。
日本では使っていない薬剤も多いですが勉強になります。

やはり雲南は南方の地、生薬も特異なものが多いです
皮膚炎などの清熱に効果的な生薬の使い方を教えていただきました。

これから地球は温暖化するといわれてます。その上オゾンホールの
影響もあるとすると日光性皮膚炎は増えてくることが考えられます。
しっかり治療のやり方を聞いておかなくては!!!
でも、お腹は一杯。気温はぽかぽか、、、、睡魔との闘いです。

雲南研修2日目
2人目の講師の先生はこの病院の副医院長 叶先生です。
内容は
雲南研修2日目
漢方の外用薬の使い方です。

漢方薬は飲んでも塗ってもいいお薬もあります。
煎じたもので患部を洗ったり、シップをすると効果的なものを
たくさん紹介していただきました。

お腹一杯と思っていたら講義の中身が濃くて
頭も一杯になってしまいました。


さて、夕方になり講義が終わるとお世話になっている先生方との懇親会です。
会場は
雲南研修2日目
ここです。またまた歴史を感じさせてくれる建物です。

雲南研修2日目
可愛い民族衣装を着たお嬢さんのお出迎えです。

雲南研修2日目
私今回の研修会の団長をおおせつかっておりましたので
叶副医院長のお隣に座らせていただいております。

しまった!

挨拶の原稿を忘れた!!!!

まずい

どうしよう

えーぃ何とかなるさ!

冷や汗(^ー^;A

でも、何とかならないのが世の常

しどろもどろの挨拶になってしまいました
先生方すいません(;>_<;)

まあ、皆さん大人で私の挨拶がメロメロでもスルーしていただき
無事宴会が始まります。
雲南研修2日目
テーブルに乗り切れないほどの料理

日本人にも食べやすい味付けです。
料理は北京の小麦文化とは違い米を使った料理が多いです
麺料理も米の麺が出てきます
これがなかなかにおいしいです
お豆腐も日本のものと変わりないものが出てきます

でも魚はやはり川魚、内陸なので海の魚は出てきません
雷魚のような魚が出てきます

野菜は豊富です。色々な野菜が料理されて出てきます
なんの野菜か分かりませんがおいしいです。

雲南研修2日目
みんなで懇親を深めて記念写真 パチリ

雲南研修2日目
今日お世話になった黄先生と記念写真

うーん酔っ払いの親父が美女に絡んでるように見える。
、、、、反省

雲南研修2日目
このレストラン100年以上の歴史を持つ建物らしいです
雲南研修2日目
雰囲気があって時代を感じさせてくれます。

雲南研修2日目
懇親会が終わってホテルまでそぞろ歩きです
街路樹がライトアップされてきれいです。
雲南研修2日目
ホテルに到着
雲南研修2日目
昨日は遅かったので今日は素直に部屋に帰って静かにしてます。
おやすみなさい。





| 中国研修の模様 | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修2日目ー1
1日目は一日中移動で終始した一日でした

睡眠時間は短いけれど中国に来た興奮の為か元気に起床
朝6時起床、、、とはいえ時差1時間ありますので
体感は7時起床です。雲南は日本よりだいぶ西にありますので
まだ、外は薄暗いです。中国の広さを感じます。

今日からこの研修の本番、病院研修です。
研修の病院に向かいます。
雲南中医医院
雲南中医医院の皮膚科です。
結構年季ものの建物です。
今この病院は、立替中であと数年で建て換わるそうです。
診察室で実際の診療を見せていただきます。

黄先生
真ん中が今日お世話になる黄先生です。
隣に座っている女性は先生のお弟子さんで処方を書いたりしながら
勉強します。

診察が始まります
黄先生
患者さんの容態を聞き、患部を見て、舌を見て、脈を取ります
これを漢方では四診といいます。

お弟子さんが先生の言う処方を書き取って行きます。
黄先生処方
処方箋です。
驚くのは薬の量、1つの生薬が15g〜30gあります。
日本の10倍くらいありますね。
こんな量で日本で煎じ薬を出したら患者さんが飲めないです。
さすが中国!

1日に50〜60人の患者さんを見るそうです。
多すぎて受付を締め切ることもあるそうです。

北京や上海ではアトピーも多くなってきているようですが
雲南はまだ環境がいいためかほとんどアトピーは無いそうです。
その代わり日光性の過敏症や皮膚炎が多いとのことです。
やはり標高1900mもあると日ざしが強いので大変です。
日本でも温暖化とオゾンホールの影響で日光過敏症が増えてます。
勉強になる治療法を教えていただきました。

先生は手際よく次から次へと患者さんを診察して行きます。
私たちはメモをとり写真を撮り話を聞き逃すまいと緊張していると
時間が過ぎるのは早いです。
アットいうまにお昼の時間になりました。
終わるとドッと疲れが出ます。

お昼は外に食べに行きます。
病院の近くのレストランです。
昼食会場
歴史を感じさせる建物です。

昼食会場
中は2階建ての歴史ある重厚なつくりです
ジャッキーチェンの映画に出てきそう
昼食会場
料理は雲南料理。

食べきれない量が出てきます。
味付けは日本ににて食べやすいです。
あんまり食べ過ぎると午後の講義に差し支えそう
でも、おいしいのでついつい食べ過ぎてしまいます。

つづく






| 中国研修の模様 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修 更新が遅れてます
いま、研修4日目になっています。
現在いるところはシーサンバンナというところです。
ラオス、ミャンマー、ベトナムに接する中国の南西のはずれの町にいます。
ブログの更新をしたいのですがホテルに備え付けのパソコンがカードリーダーが無く写真がアップできない状態です。
自分のパソコンにケーブルを繋いだのですがセキュリティがあるみたいで使えません。
病院での研修で大変勉強になったのですがこのご報告は日本に帰ってからになりそうです。
もうしばらくお待ちください

太田雅俊
| 中国研修の模様 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修1日目ー2
雲南の昆明空港にやっと到着しました。
関西空港を出て約6時間
そのほとんどが機内で座っていました
体がバリバリ言ってます
動かないのに結構疲れてますねー
早くホテルに入って休もう!
雲南研修
荷物を受け取ろうと待っています
さあ荷物が出てきました
ところが、、、

みんなの荷物が出てきません!
私たちの団体だけでなく
ほかに2つの団体の方たちも荷物が全然出てこないようです
えーと思っていると
そのうちベルトコンベアも止まってしまいました

どうしたんだろう?

もしかして途中の上海でまちがえて荷物が降ろされちゃったのか
不安がよぎります

その時、別の福岡から来たらしき団体さんのツアーコンダクター
の方が大きな声で

「福岡からのツアーの皆様、間違えて国内線の荷物受け取りの方に
荷物が出てます。今から国内線の荷物受け取りの方に移動しまーす」

そうです、この飛行機に上海で乗った人は国内線として昆明に飛んできたのでした。
飛行機降りてバス2台でターミナルに着いたのですが
1台は関西から1台は上海からの人に分乗したのですが
それぞれ国際線、国内線の荷物で別々に出るはずが
間違えて出てるんだと思いました

別のツアーコンダクターの方も「皆さん移動します」
とツアー客を集めています
私たちもゾロゾロと移動します

国内線の荷物受け取りに荷物が出てきてます
あーやっと受け取れる
しばらく待っていると、、、
またまた私たちの荷物がない!
さっきの福岡からのツアーコンダクターのお客さんたちは
荷物を受取って出て行ってます
残されたのは私たちと関西から一緒だった団体と一人旅の
欧米人のお兄さん

引率の楊先生と別の団体のツアーコンダクターが空港の係員に
問い合わせ
その結果

やはり国際線の荷物受け取りに荷物が出ているという情報です

また、国際線の荷物受け取りに逆戻りです


あった!

やっと荷物を受取りお迎えバスに乗り込みます
雲南研修
心なしか皆さん余計に疲れがたまっ入るような
足取りでバスに乗り込みます

バスでゆられて約30分
やっとホテルに到着です
着いた時間は
雲南研修
日本時間で12時20分
今朝は7時30分の長崎発のカモメで出てきましたので
約18時間の移動時間、さすがに疲れました


雲南研修
今回のホテルは昆明君楽ホテル
5つ星のいい感じのホテルです
これならぐっすり眠れそう
皆さんお休みなさーい














と、すぐ寝るかと思ったら隣の先生が「ビールでも飲みたいね」
と悪魔のささやき。
すると去年もここにきている方が
「ホテルの前にいい感じのところがあるよ」
それは行ってみなくては、、
雲南研修
なにか南方系の装飾をしたほんとにいい感じのお店です
まずは現地のビールを楽しみ
雲南研修
ちょっと辛めだけどおいしい

雲南料理を楽しみ約1時間
ホテルに戻ったのは現地時間夜中の1時過ぎ
つまり日本時間深夜2時
明日は早いから早く寝なきゃ
今度こそ本当におやすみなさーい
| 中国研修の模様 | 07:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修1
皆さんこんにちは
今日はこの記事は雲南省、昆明のホテルで書いています。
昨日は関西空港から上海経由昆明行きで約6時間の飛行機の旅をしてきました。
雲南
関西空港で一緒の皆さんと

今回は全国の中医薬研究会の15名の先生がたとご一緒です
その上、私は団長、、、
ちょっと緊張しながら出発です。
まあ、団長といっても挨拶するだけなのですけれどもね、、、


そんなこんなで飛行機に乗り込むと飛行機がボーイング737
うーん国際線なのに小さい飛行機、、
福岡空港から関西空港まで同じ737できたのですが
入ってみるとそれより座席が狭いような気が、、、

その上機内は満席、私の席は窓側
トイレは行くのは難しそうなので飲みすぎないように
自分にちょっとチェック

さて無事に離陸
国際線ですから当然食事が出てくるのはいいとしても
その前に配られたのが
雲南

緑蚕豆?

えー緑のカイコの豆こりゃなんじゃ?
中国では時々日本では食べない食べ物が出て来て驚かされますので
ほんとに緑の乾燥カイコでも出てきたらどうしようと恐る恐る
パックをあけると
その中には恐ろしげな、、
















雲南
乾燥豆が、、、
なかなか普通のフライビーンズよりも
風味があってなかなかビールに合いますねー
食事も昔に比べるとサービスもよくなったし
(昔はほんとにひどかった、、、)

快適に上海に着きました
雲南
上海は雨

私たちが下りるとおそろいのジャージを着た方が
乗り込んでいきます
団体の修学旅行かなと思ったら
清掃員の方でした

そのまま私たちは入国審査に向かいます
そこでトラブルが起こりました、、

私は団長なんで先生方になんかお土産を買っていこうと
思っていつも中国だと懇親会で白酒(パイチュウ)を
向こうの先生方と飲んでいるので
日本の白酒をと思って関西空港の免税店でジャパニーズ白酒
つまり日本の焼酎を買っていったのでした
それがセキュリティチェックに引っかかってしまいました
えー、中国国内には書類的には入らず飛行機を同じ荷物で乗るだけなのに
なぜだめなの、、、でも

係員の人に言ったら今日きた命令でダメッと言われてしまいました
うーん中国もいろいろな問題でセキュリティが強化されてるみたいです

結局、焼酎は没収されてしまいました
その上交渉で時間を食って時間なしでまた同じ飛行機に、、

それから夜の真っ暗な中国国内を3時間
やっと昆明に到着です
雲南
これは上海の到着口

やっとついてホットしていると
またまたトラブルが、、

それは又次のお話で、、、





| 中国研修の模様 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南研修に出発です

今回乗る飛行機です。雲南まで6時間カンズメです。エコノミー症候群に注意して行ってきますー

| 中国研修の模様 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南研修に出発です

関西空港でチェックイン中です

| 中国研修の模様 | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南研修に出発です

今日からマサは雲南研修に行ってきます。
カモメで福岡に行って飛行機で関西空港まで飛んでから出発です

| 中国研修の模様 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH