漢方健康日記 第252回 便秘について
実際の放送とは違う場合があります。


アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめ直して、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。今日は佐世保市浜田町のあいおい薬局山口夏実さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

山口:今日は、便秘についてお話しようと思います。突然ですが、菊野さん、毎日すっきり快便ですか?

アナ:いつもは大丈夫なんですが、環境が変わると出にくくなることがありますね。

山口:健康な排便は本来、「一日一便」が理想的ですが、実際には1日に数回、2〜3日に1回だったりと個人差があります。毎日排便がなくてもお腹の不調や排便時の苦痛などを感じなければ便秘ではなく、逆に何日も排便がなくお腹に張りを感じる、毎日排便はあるけどスムーズに排便ができず時間がかかるといった状態は、便秘と考えます。

アナ:毎日スッキリな人もいらっしゃれば、便秘で悩んでいらっしゃる人もいらっしゃいますよね。どうして便秘になるのでしょうか?

山口:便秘になる原因として中医学的に考えるといくつかのタイプに分けられます。女性に多い、血が不足することによって起こる便秘。加齢や病気の消耗、冷たいものの食べ過ぎなどによって身体を温めるエネルギー源、「陽気」が不足することにより起こる便秘、過剰なストレスや運動不足などが原因で気の流れが停滞してしまって起こる便秘、熱っぽい体質、アルコールや辛いものの摂りすぎなどが原因で体内に余分な熱がこもってしまうことで起こる便秘などいろんな理由で便秘になってしまうんです。

アナ:便秘のタイプも様々なんですね。それじゃあ、便秘のタイプによっても使う漢方薬は違ってくるんですよね?

山口:血不足タイプには血を補ってくれる婦宝当帰膠、食べ物でははちみつやリンゴ、鶏スープなどを取り入れていただくといいですよ。エネルギー不足で便意はあるのになかなかスムーズに出ないと感じる人には漢方薬では補中丸や健胃顆粒など。食べ物ではじゃがいもや大豆、玄米などを食べて胃腸の働きを高め、陽気を養いましょう。ストレスが多く気の流れが滞って、お腹が張っておならが多いな〜という方には「気を開く」という意味の開気丸が良く効きます。気の流れをスムーズにしてくれる大根やみかんなどを取り入れてみるのもいいと思います。便が乾燥して硬い、お腹が張って痛む、赤ら顔だなと感じる人には体内の余分な熱をとってくれる清営顆粒、アロエやバナナ、キュウリなど身体の熱を冷まして潤いを与えてくれる食材をおすすめします。

アナ:漢方薬に頼るだけじゃなくて、便秘の根本的な原因を考えて食生活だったり、生活習慣を見直すことも大切になりますね。どんなことに気を付けたらいいんでしょう?

山口:便秘になりにくい体質になるように睡眠は十分にとりましょう。身体の潤いアップにもつながります。朝食を摂って腸を動かし、便意を促す。便意がなくても朝食後はトイレに行き排便のリズムを作りましょう。これからの季節、冷房の効いた涼しい部屋、冷たいものを摂ることが多くなりますが、なるべく体を冷やさないようにすることも心がけたり、ストレッチやウォーキングなどの軽い運動をして腸を活発にさせましょう。

アナ:お腹をマッサージするのもいいと聞いたことがあるんですが…排便を促すようなマッサージなんかもあるんですか?

山口:手軽に自分でできるものとして、「のの字マッサージ」があります。おへその周りを「の」の字を書くように時計回りにお腹の力を抜いて指圧しながらゆっくり2〜3周マッサージしてみるといいですよ。腸に食べ物が届くのが食事が済んでだいたい3〜5時間後くらいが目安です。

アナ:ありがとうございました。次回は7月25日水曜日、担当は大村市西三城町山崎薬品の山崎京子さんです。
健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧ください。
| 胃腸のお話 | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第251回 ビールを美味しく飲みましょう
実際の放送とは違うことがあります。

アナ:漢方健康日記 このコーナーは漢方を通じて、皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめ直して、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は島原市広馬場町のしまばら薬局の織田堅一郎(おだけんいちろう)さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は。

織田:はい、今日は『ビールを美味しく飲みましょう!』という話です。

アナ:えっ!?『ビールを…』ですか?なんか「健康」という観点から、若干ずれるような感じもしますが…。

織田:あのですね、よく「夏は冷たいビールは胃腸を冷やすから健康に悪い」と言われますよね。でもね、夏は「冷たいビール」が美味しいんですよ!私も大好きです!○○さんも好きじゃないですか?

アナ:まあ、仕事が終わって飲む「冷たいビール」は確かに美味しいですよね。

織田:あんまりね、「あれもダメ、これもダメ」と言い過ぎると、面白くなくなっちゃいます。人生は楽しまないと!だから今日は、「どうやったら『健康的に美味しく』ビールを飲めるか」についてお話ししようと思います。

アナ:それは喜ばれるお父様方も多いのではないでしょうか!

織田:もともと日本人は、「胃腸が弱い」人種だと言われています。これは四方を海で囲まれた島国で、年間を通して湿度が高いことが原因と言われています。
さらに、梅雨から真夏にかけては、一年でもっとも湿度が高くなる時期です。漢方では、胃腸のことを「脾(にくづきに卑しいと書くやつ)」と言います。この“脾”は“湿気を嫌う”と言われています。ここらへんは前回の太田先生のお話でも出ましたね。ですから、湿度が最も高くなる梅雨から真夏にかけては、“脾”が疲れやすくなるんですね。
  
アナ:なるほどですね、“脾”の疲れは夏バテにも繋がるって、以前お話を聞いたことがあります。

織田:そうなんですよ、夏バテと言う状態になっちゃうと大変なんで、そうならないように気をつけて「ビールを飲みましょう」ということです。
   
アナ:具体的にどうすればいいんでしょうか?

織田:まずは「ビール以外の冷たいもの」を控えましょう。アイスクリームやかき氷などはもちろん、アイスコーヒーや冷たいお茶等もほどほどに…。飲むなら常温か温かい飲み物にしましょう。

アナ:う〜ん、でも熱い夏には難しそう…(^_^;)。

織田:夜のビールを美味しく飲むためです!あれもこれも求めずに、「ビールを美味しく飲むこと」に集中するんです!「美味しいビールが待っている!」と罪悪感なしに期待できるって、楽しいと思いません?

アナ:確かに!

織田:でも、どうしてもいろんな場面で冷たいものを摂る機会もあると思います。それに頑張って冷たいものを控えても、脾が弱くなる人もいます。そんな時に漢方を使うんです!

アナ:漢方ではどのようなものを使うといいんですか?

織田:まず皆さん、3食の食事の後に「晶三仙」を飲みましょう!私は1回2袋飲みますよ!胃腸を助ける酵素が含まれていますので、消化と吸収がスムーズになり、“脾”が疲れません!
もともと胃腸に自信がない方は、「健脾散」か「健胃顆粒」を普段から飲んで下さい。おどろくほど「胃が爽快」になると思います。
もし、頭が重い、熱が出た、ムカムカする、下痢になったなどの夏風邪の症状が出たら、「勝湿顆粒」を飲んでみてください。夏風邪にとっても効きます!

アナ:なるほど、頼もしいですね!

織田:炎天下でお仕事なんかをされる方は、ペットボトルのお茶やスポーツ飲料と一緒に「麦味参顆粒」を持って行って下さい。お仕事合間の水分補給時に麦味参顆粒を飲むと、身体も疲れないし気持ちよく仕事が出来ますよ!
アナ:お庭の草取りとかお墓参りなんかに出かける時も、「麦味参顆粒」を飲んでいくと、暑さにやられにくいと聞いたことがあります!

織田:そうですね!準備をしっかりしておけば、「真夏の暑さ」も怖くありません!この習慣づくりが非常に大事です。
もちろん、前回、太田先生がお話しされたように、脂っこい物や甘味の強い食べ物はほどほどに…。夜も夜更かしはほどほどにして、早く寝ましょうね。
あと、冷房のきいた部屋ばかりいたら体に湿気が溜まりますので、たまに外に出て軽く運動することも必要でしょうね。お風呂で半身欲も良いかもです。軽く汗が出るくらいが気持ちいいですよ。

アナ:有難うございました!今夜のビールが美味しくなりそうですね(^^)。
次回の放送は7月11日水曜日 佐世保市浜田町のあいおい薬局 山口圭子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。
お問い合わせは、長崎中医薬研究会ホームページをご覧いただくか、「漢方健康日記」でご検索ください。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 季節の養生、食養生 | 13:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第250回 梅雨でも元気に過ごす中医学の養生法
H30年6月13日漢方健康日記

実際の放送とは違うことがあります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣をみつめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。今日は長崎市東古川町の漢方松風堂・太田玲子さんにお話を伺います。宜しくお願いします。さて今日のお話は?

太田:はい、今年は梅雨入りが早かったですね。今日は梅雨でも元気に過ごす中医学の
   養生法についてお話したいと思います。梅雨の健康は、湿退治がポイントです。身体の湿気を取り除いてスッキリしましょう。

アナ:今年はどんな梅雨模様になるのでしょうか?長崎おたくさまつり会場 中島川畔、眼鏡橋あたりの紫陽花の花や柳が、雨にしっとり濡れている風情はとてもきれいです。が、雨続きだと身体もこころも、スッキリしません。

太田:梅雨に入った頃から真夏にかけては、1年中で最も湿度が高い時期になります。
湿気が多いと、部屋の中の空気も重苦しく澱みがちで、アレルギーの原因となるカビなどの真菌や細菌類の繁殖が盛んになりアトピー性皮膚炎や喘息、肺炎の悪化を招くことになります。また水虫やタムシにもかかりやすくなります。
人の体も自然界と同じように、ジメジメした湿気の環境では、体内の新陳代謝に負担をかけ水分もスムーズに発散できないので、湿・病理的な水分が停滞してきます。

アナ: 外部の湿度が高いと、体の中も余分な水分が溜まるのですね。

太田:湿の影響をいちばん受け易いのは脾胃消化器系の働きです。
「脾」は“湿を嫌い、燥を好む”という性質があり、「胃」は“冷え”を苦手とする臓器です。外的要因の他、ストレスや、冷たい物や刺身・味の濃い物等を摂り過ぎると気の流れ血液の流れも悪くなり胃腸の働きが低下して水分をスムーズに処理できなくなってしまいます。すると抵抗力が下がり、体調が崩れやすく、食欲不振やむかつき、軟便、下痢、体がだるい、むくみ、頭が重い、めまいがするなどの症状があらわれます。 舌にもべっとりと厚く汚い苔が付きます。

さらに持病の関節痛や神経痛、頭痛などが悪化することもあります。
   痛みの原因には、外的要因・内的要因があります。外的要因として、湿気や冷えで、血行不良等の代謝障害を引き起こします。エアコンや扇風機の風にあたって冷えたり、曇りの日や雨の日には痛みが起こり易いようです。

アナ:色々な症状が出てくるのですね。湿気をためないコツは何でしょうか。

太田:湿気をためないコツは!
*一つは、汗を少しかきましょう!
    エアコンの利いた室内で、1日中じっとしていたりすると、体の中に老廃物が溜まり発散されません。ウオーキングなどの軽い運動で体を動かして、汗をかき、体の湿度を下げ、代謝を良くしましょう。

*二つめ、胃腸に負担をかけない事が大切ですから、冷たい飲食物・ビールや脂っこいもの・甘い物の摂り過ぎは控えるようにしましょう!
    食物繊維の多い食事は腸内で老廃物や余分な水分を吸収し、便として排出してくれますので、雑穀類や海藻・根菜類・こんにゃく・キノコ類等食事に取り入れましょう。又利尿作用のある緑豆や冬瓜・ハト麦・トウモロコシ・小豆もお勧めです。消化を助け腸内環境を良くする晶三仙や五行草等のお茶も普段の生活に上手く取り入れましょう。

アナ:漢方薬では何かありますか。

太田:漢方薬としては、色々ありますが、健胃顆粒、健脾顆粒、温胆湯等が胃腸の働きを整えてくれます
   また、特にこれからの季節には、胃腸の除湿器と言われる勝湿顆粒がお勧めです。
   配合されている藿香・紫蘇葉などの爽やかな香りの薬草が、嗅覚や味覚を刺激することによって胃腸機能を促進して停滞している水分代謝も改善してくれます。
   
勝湿顆粒は、夏カゼ、頭重、発熱、鼻水などの症状と共にムカムカや下痢などの夏カゼに良く使われます。
   夏カゼで発熱やノドの痛みを伴う時には、天津感冒片や涼解楽を併用するとよいでしょう。
食事や生活の心がけでジメジメ季節をスッキリ元気に過ごしていきましょう!
アナ:有難うございました。次回は6月27日水曜日 担当は島原市 島原薬局
織田健一郎さんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧下さい。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 季節の養生、食養生 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH