<< 精霊流し | main | おくんちの練習! >>
第34回 漢方健康日記 夏の不眠症
漢方健康日記の原稿です
原稿のため放送と違いがある場合があります


アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。
普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市の藤村薬局本店の藤村智代さんです。
宜しくお願いします。今日のお話は?
藤村先生

藤村: はい。今日は夏に体調を崩して起こしやすい不眠症についてお話したいと思います。    
    
アナ: 相変わらず 残暑が続きますが  朝夕と少し涼しくなって 眠りやすくなったのではないですか?

藤村: そうですね。暑さで寝不足気味だった人も一般的には睡眠時間がのびる方が多いのですが 睡眠が浅い 一度目がさめたら眠れないと言った不眠に悩まされている人もおられます。

アナ: 夏の不眠とどのような関係が有るのですか?

藤村: 中医学では脳の働きは「心」の一部と考えます。ここでの「心」は西洋医学的な脳や心臓の働きの他に精神の活動や睡眠とも関係するとかんがえられています。たとえばとても興奮したり悩み事が有るときは良く眠れませんよね。
つまり「心」の働きが乱れると精神にも影響して不眠症になりやすくなります。

アナ: いろいろ考えるときは 眠れませんからね。

藤村: そうですね。   
 これから、暑さが残る夏の終わりには2つのタイプの不眠が考えられます。

1つ目ですが、「心」は24時間働いているので沢山のエネルギーを必要とします。ところが、汗をたくさんかくと体の水分とともに「気」も一緒に消失するために元気も無くなってしまいます。エネルギーが不足すると「心」の働きが低下して睡眠がとれなくなる。このタイプは「元気不足タイプ」です。
つまり体の力が不足している・虚している状態を虚症と言います。

2つ目は夏の間に冷たい物の取りすぎで消化機能が低下し余分な水分が停滞しこれが長引くと熱に変わり「心」の働きを乱すので眠れない いわば「湿熱過剰タイプ」です。
    つまり湿と熱が体内に余分に溜まった状態を実証と言います。

アナ: 水分の不足と取りすぎとが不眠に影響が有るとは思いませんでした。
    では それぞれの症状にお勧めの漢方は何がいいでしょうか?
    
藤村: そうですね。基本的には酸棗仁湯を用います。「元気不足タイプ」と
「湿熱過剰タイプ」両方のタイプに用いられる処方です。
    酸棗仁湯は効果としては体を元気つける作用と精神を安定させる作用があります。
また人の持っている力を引き出す作用と体のリズムを正常にする作用があるシベリア人参もおすすめです。

アナ: じゃ〜まず「元気不足タイプ」から来る不眠にはどんな漢方がありますか?

藤村: 「元気不足タイプ」は症状としては睡眠途中で目覚めることが多く眠りも浅く夢が多いのが特徴です。また倦怠感や動悸 めまいも伴うことがあるので 適度な運動で血液改善をしてバランスがとれた食事を取ることが必要です。
漢方薬では酸棗仁湯を中心に貧血気味の方は補血作用のある帰脾錠などを組み合わせたり 汗が沢山出て夏バテの方には元気を取り戻す麦味参顆粒を加えると良いでしょう。
アナ: ではつぎに「湿熱過剰タイプ」から来る不眠にはどんな漢方を使うのでしょうか?

藤村: はい。「湿熱過剰タイプ」は症状としては寝付きが悪かったり一度目覚めるとなかなか眠れない イライラするのが特徴です。消化力を回復して水分の滞りをスムーズにし体の中を巡らすように水分が停滞して熱がこもった状態が無くなれば神経の高ぶりも治まって来ます。

漢方薬では酸棗仁湯を中心に清熱化痰 つまり熱を鎮めながら不要な水分を排出する作用がある星火温胆湯などを組み合わせたりします。
    仕事やストレスで心当たりの人も多いのかもしれませんが
日々の生活習慣を少し見直し 寝る前のコーヒーやお酒などは少し控えめにした方がいいでしょう。

詳しいことはお近くの長崎中医薬研究会にご相談ください。

アナ: ありがとうございました。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。お問い合わせは日本中医薬研究会事務局、東京03−3273−8891もしくは長崎中医薬研究会ホームページ(http://nagasaki-panda.com/)をご覧下さい。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りいたしました。
| ストレス・不眠のお話 | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/692769
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH