<< 漢方健康日記 第260回 耳のトラブル耳鳴りと難聴について | main |
漢方健康日記 第210回 インフルエンザの感染を予防しようというお話し


『漢方健康日記』原稿11月28日
実際のお話と異なる場合もございます。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は西彼杵郡長与町の龍虎堂薬局夏苅和子さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

夏苅:インフルエンザの季節になって参りました。今日はインフルエンザの感染を予防しようというお話しです。同じ部屋にいて感染しても、発症する人としない人がいます。特に受験生をお持ちのお母さんはしっかり聞いて上手に利用して頂きたいと思います。

アナ:そう言えば、今年はインフルエンザの発症、感染が早くて9月から学級閉鎖のニュースが流れてビックリしましたね。

夏苅:そうでしたね。年々地球の温暖化が進んで、今年の夏はまるで亜熱帯気候のような猛暑でした。それと、東南アジアやオーストラリアからの旅行者が増えたことも原因と言われています。亜熱帯では夏と冬の2回インフルエンザの流行があるそうです。地球温暖化の影響を受けて、これからは年に2回の流行を覚悟しないといけないかもしれませんね。

アナ:それは怖いですね。インフルエンザは予防接種の他に防ぎようがあるんですか?

夏苅:はい。中医学では「扶正去邪」という考えがあります。免疫力を高める「扶正」と、風邪を除く「去邪」ということです。中国ではカゼが流行することはあっても学級閉鎖になることはないそうです。その秘密は「漢方の抗生物質」といわれる「板藍根」なんです。日本でも緑茶の抗菌作用が注目されて、うがいに用いられていますが、中国の家庭や学校では、昔から風邪の流行期には板藍根という生薬を煎じたお茶をのんだりうがいをするのが一般的です。

アナ:「漢方の抗生物質」って何ですか?

夏苅:はい。板藍根というアブラナ科の植物ホソバタイセイの根で、清熱解毒に優れた生薬です。インフルエンザの予防はもちろん、感染したときにも抜群の効力を発揮します。中国の漢方医の間では、色々なウィルス感染に幅広く使われています。

アナ:日本ではどうしたら手に入りますか?                                                                               
   
夏苅:この番組のテーマソングにも歌われていますが、板藍根のエキスを抽出して顆粒状にした「板藍茶」と「板藍のど飴」の2タイプがあり、店頭にパンダの人形が置いてある薬局・薬店にあります。どちらも手軽に飲めて効き目も早いのでインフルエンザ対策にはお薦めですね。

アナ: (のど飴を舐めたことがあれば感想をお願いします。)      
                                                                        
夏苅:そうですね。バッグに入れて持ち歩くと、横の方が咳き込んだときにすぐに舐められるのでとても便利で安心です。身体を害するウィルスや細菌、花粉などを「邪気」と呼び、身体が持つ本来の免疫力を高めて体内への侵入を防ぎ、病気を予防する事を「扶正」といいます。邪気は皮膚や粘膜から侵入しますから、そこを強化して免疫力を整え、病気を防ぎます。皮膚や粘膜を強化する黄耆が処方された衛益顆粒は風邪ひきやすい方、疲れやすい方に、また季節の変わり目に体調を崩しやすい方の鼻炎や花粉症など免疫力強化に最適です。美味しくて飲みやすいですよ。

アナ:季節の変わり目に体調を崩される話はよく聞きます。そんな強い味方があると忙しい方にも嬉しいですね。普段の生活で気をつけることはありますか?

夏苅:そうですね。不規則な生活や食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足などで皮膚や粘膜の免疫力は低下します。免疫力の回復は質の良い睡眠で得られます。また、健康的な粘膜を作るための食事としては緑黄色野菜、山芋、卵などを、免疫力を上げるにはキノコ類を、皮膚・粘膜など呼吸器系の機能を高めるには余分なものを発散する力を高める辛い味の野菜なども気をつけて摂りましょう。
これからの風邪対策には、「うがい、手洗い、板藍茶」と覚えてください。特に外出の前と帰宅後には板藍茶でうがいすることと衛益顆粒をお薦めします。免疫力の回復にはしっかり食べてぐっすり寝ること。そして「うがい、手洗い、板藍茶」です。

アナ:「うがい・手洗い・板藍茶」ですね。ありがとうございました。次回は12月12日水曜日、担当は長崎市西山町の山中薬局の山中みちよさんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧ください。
このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 風邪・花粉症のお話 | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231942
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH