<< 漢方健康日記 第253回 「夏バテ対策」について | main | 漢方健康日記 第255回 「熱中症」のお話 >>
漢方健康日記 第254回 生理のお話
H

実際の放送とは異なる場合があります

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は西彼杵郡長与町の龍虎堂薬局夏苅和子さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

夏苅:今日は女性の生理のお話しです。女性は毎月の生理でかなりの血液を消耗しています。その他にも妊娠、出産、授乳や夜更かし等で、一生血液を消耗し続ける環境にあります。女性が一生を健康に過ごすには何に気をつければいいかをお話しします。

アナ:そういえば、女性にとって生理は当然のように思っていましたが、大体何年間あるんですか?

夏苅:はい。貴重な血液を失う生理は10〜14才から始まり、平均35年間も続きます。1周期で平均150mlの月経血を失いますから、1年間にして約1800ml、つまり1、8l、35年間では何と約63lにもなります。

アナ:それで女性は貧血の方が多いんでしょうか?

夏苅:そうですね。作るより失う方が多ければ、当然貧血につながります。貧血というと、西洋医学的にはヘモグロビンの濃度、赤血球の数などが基準値に満たない場合をいいます。血液を顕微鏡で見ると、丸くて黒っぽい元気な赤血球もあれば、鉄分の少ない白っぽくて元気のない楕円形のもの、ストレスが強い人は金平糖のような棘のついた赤血球などもあります。中医学では、数値に問題はなくても疲れやすい、血色が悪い、立ちくらみ、生理不順、爪が脆い、皮膚や髪に艶がない、不眠などがあれば血液がきちんと仕事をしていないので「血虚」と考えます。

アナ:疲れやすい女性は多いと思うのですが、血虚の症状が多い場合どのようにしたらいいのでしょう?

夏苅:血液の元となる緑の濃い野菜、赤身の肉などをバランスよく摂ってしっかり消化吸収が出来ていれば毎日補充は出来ているはずです。しかし、胃腸が弱い、甘い物が多くて緑の濃い野菜が少ない方、或いは子宮筋腫や子宮内膜症などで月経量が非常に多い場合は、当然貧血になります。こんな場合は補血作用のある当帰がたっぷり入った婦宝当帰膠をオススメします。また、血液を作る骨髄が弱い場合は補血と補腎薬の入った参茸補血丸で元気な血液を作りましょう。

アナ:血虚の場合は妊娠にはどのように影響しますか?                                                                               
   
夏苅:赤ちゃんを育てるのは母体の血液です。受精卵が着床するにはフワフワで栄養たっぷりの温かい子宮内膜が必要です。血虚のままだと、つわりや浮腫、早産や低体重児につながります。生理の血液が黒ずんでいたり塊や生理痛がある方は瘀血です。子宮内膜の血流が良くないですから婦宝当帰膠でピンク色のきれいな内膜に改善しておきましょう。婦宝当帰膠は防腐剤が入っていないので安心して飲んで頂けます。

アナ:防腐剤が入ってないのはうれしいですね。血虚では出産や産後にも影響しますか?       
                                                                        
夏苅:そうですね。帝王切開や産後の悪露がダラダラ続いた場合や、授乳でも血液の栄養を母乳に変えて与えるので血液を消耗することになります。血虚のままだと、産後よくあるトラブルとして鬱になったり不眠や不安、イライラが出やすくなります。また悪露が出なかったり止まらなかったり、疲れやすくなったり便秘になったりするのも、体のシステムを正常に動かすための血液が不足していることから起こります。

アナ:血虚は女性の様々な不調の原因なんですね。

夏苅:そうですね。最近では一日中スマホを見ている方も多いですが、目を使うことも目の網膜と脳の後頭部に血液が必要なので血液の消耗につながります。元気な血液を増やして巡らす婦宝当帰膠を飲むと目も体も元気になりますし、肌も髪も艶が出ます。初潮の年頃のお子さんを持つお母様は、お子さんの生理の周期や生理痛の有無を聞いて生理痛のない状態を気がけてあげてください。婦宝当帰膠は生理痛を改善しますので生理が始まったらおすすめです。お菓子ばかり食べていては卵胞が育たず、排卵しない事もあるので生理不順になります。卵胞も血液も夜中に作られます。夕食には海苔や貝の味噌汁、胡麻などを食べて、早く寝ましょう!
アナ:ありがとうございました。次回は8月22日水曜日、担当は長崎市西山町の山中薬局の山中みちよさんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
| 婦人病・子宝のお話 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231933
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH