<< 2018年4月15日 定例会 認知症と補腎活血 | main | 漢方健康日記 第248回 「お血(おけつ)」について >>
漢方健康日記 第247回 春のストレスについて
H30年4月25日漢方健康日記


実際の放送とは違う場合があります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会が
お送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は長崎市 西山の山中薬局山中みちよさんにお話を伺います。今日はどのようなお話でしょうか?

山中:春は 季節の変わりめ、かつ生活環境の変化が多い時で、心が不安定になりやすい季節です。ストレスによる影響で体調がよくない方や、免疫力の低下などで 花粉症が長引いている方もいらっしゃるかと思います。健康な状態は 心身共に安定していて、自律神経がバランスを保つことで維持されています。そして ストレスから自律神経のバランスがくずれることもあります。それで今日は 心も体も元気になるよう ストレス対策について お話したいと思います。

アナ:ストレスは 心にも、身体にも影響があるのですね。ストレスから抜け出すことが
   できれば、心も 身体も元気になりそうですね。

山中:そうですね。身体の調子がよくないと、気も滅入りますし、悩みやストレスから、体調不良になることもあります。
   中医学では、心と身体は一つ という考え方を基本としていて、 互いに影響しあっていると 考えます。それで ストレスの対処方も 精神面だけでなく 身体を整えることも 大切にします。
   私たちの身体の中で、ストレスと深くかかわっているのは、五臓の 肝,心、脾、肺、腎の中の「肝」です。肝は 体内の「気」の流れをスムーズに保ち、ストレスを 
   コントロールする働きがあります。 また、肝は身体に栄養を与え、精神を安定させる「血」を貯蔵する所でもあります。
   きれいな血液が十分にあり こうした機能が十分に働いていれば、ストレスを受けても うまく対処できるので ダメージを強く受けることはありません。

アナ:肝の働きって大事ですね。もし、肝のそういう働きが低下していたらどういうことになるのでしょうか?

山中:イライラや 情緒不安定、不眠、胃痛 などさまざまな 心身の不調が 現れます。
   また、心と身体の ”元気”の源 である「気」の不足も 考慮しなければなりません。

アナ:ハイ、元気の ”気”ですね。どうしたらいいのでしょう?

山中:それには 健やかな心身の基本となる「気」「血」を十分に養い、滞りなく体内を巡らせることです。
   では その時々の対処法についてお話し致します。
   
   .ぅ薀ぅ蕁ν鬱の 気の滞りタイプ (憂うつ、イライラ、怒りっぽい、情緒不     安定)このような時は 気の滞りを晴らすことで よくなります。 漢方薬では 開気丸や逍遥丸などは気の滞りを流して 直接ストレスを追い出す作用があります。
   また 香りのよいお茶や苦みのあるものは 滞っている気を 流し、憂鬱気分を 晴らしてくれます。
  
   不安・不眠 貧血タイプ  (こういう方は 精神力が弱い、めまいがする、物忘れ、不安、白髪が気になるなどの症状を持っていらっしゃることもあり)→
   このような場合は 気と血を補うことでよくなります。
   漢方薬の 心脾顆粒、婦宝当帰膠などは 血液をふやし、精神を安定させます。
   食べ物では、血 を養う食材の なつめ、黒ゴマ、くこの実、ほしぶどう などは
   美味しくて ゆっくりですが、やさしく効いてきます。ふだんにとられるといいでしょう。
                                                          0瀋欧瞭きが弱い タイプ (気力がない、倦怠感、ストレスに弱い、くよくよ、気疲  
   れしやすい) こういう方は胃腸のはたらきが衰えて 食べた物をうまくエネルギ−   
   に変換できなくなってます。、食欲不振、下痢などの症状が現れることもあります。
   → このような時の 漢方薬は 胃と腸を元気にする 健脾散など をお勧めします。
また食事の後に漢方の消化酵素「晶三仙」でしっかり消化して吸収しやすい状態にしておきましょう。夕食後早く寝てしまう方は是非お試し下さい。睡眠も良くなり翌朝の空腹感が違います。
   食べ物はでは インゲン豆、牛肉、豚肉、大豆製品、山芋、米、リンゴ、ジャガイモ 
   など。胃腸にやさしく すぐ エネルギーになります。

    このほかにも 対応法はいろいろ ありますので、
    詳しくは、パンダマークが目印の長崎中医薬研究会の会員店にご相談下さい。
   

アナ:ありがとうございました。次回の放送は 5月9日(第2水曜日) 
   長崎市 小ヶ倉町 小ヶ倉薬品・円入利徳さんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   お問い合わせは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。 
| ストレス・不眠のお話 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231925
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH