<< 漢方健康日記 第246回 爪からわかる体質のお話 | main | 漢方健康日記 第247回 春のストレスについて >>
2018年4月15日 定例会 認知症と補腎活血
2018年4月15日定例会

4月15日 東京より中医学講師の鄒大同(すうだいどう)先生をお招きして「認知症と補腎活血」と題してお話していただきました。
まず西洋医学的な考えに基づいた認知症の概念、血管性認知症と変性性認知症(アルツハイマー型、レビー小体型)から始まり、次に中医学的な考えからみた認知症を発症する原因、中核症状や周辺症状を改善、予防するための処方のお話をされました。
ポイントは神経細胞の情報交換とシナプスを中医学的な考え方で捉えたイメージ図でした。
脳機能を保つためには、脳血流をよくし(活血)元気や生命活動の源である腎精をしっかり貯え(補腎)食べ物からの栄養やエネルギーをしっかり吸収できる胃腸にする(健脾)ことが大切であると再確認しました。

(参加店)
(長崎)開生薬局 漢方松風堂 龍虎度薬局 朱雀薬局 小ヶ倉薬品 藤村薬局本店 山中薬局
(大村)山崎薬品
(諫早)龍丸堂薬舗
(五島)富江薬局
(佐世保)中島薬局 漢方の岩永十字堂 あいおい薬局
            (13店17名)
| 勉強会の模様 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231924
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH