<< 漢方健康日記 第245回 誤嚥性肺炎について | main | 2018年4月15日 定例会 認知症と補腎活血 >>
漢方健康日記 第246回 爪からわかる体質のお話


実際の放送とは違う場合があります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は西彼杵郡長与町の龍虎堂薬局夏苅和子さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

夏苅:今日は「爪から分かる体質」のお話しです。
アナ:最近はネイルアートでおしゃれしている方も増えましたが、爪から体質が分かるんですか?

夏苅:はい。爪は心臓から遠く離れた身体の末端部にあるので、爪の健康状態は全身の血液量と血流の目安にもなります。爪も血液によって養われていますから、爪が脆い人は血液不足。中医学では、肝は血を蔵す、肝の華は爪にあり、といって、肝臓は血液の倉庫であり、肝臓の血流が少ない状態を「肝血不足」と捉え爪の色つやに現れると考えます。

アナ:ではまず、健康な爪について教えて下さい。
夏苅:爪はケラチンという蛋白質から出来ていて、「健康状態を映し出す鏡」ともいわれています。健康な人の爪はピンク色でツヤがあり、滑らかで黒ずみや凸凹はありません。爪の色や状態から体質や体内環境の乱れが分かります。生え際の白い半月部は爪の生え始めです。甘皮をめくっても見えないときは消化機能の低下、特に蛋白質の不足が考えられます。血流のチェックは、爪の根本を5秒間指で押して離すと2秒程度で血流が戻るのが一般的です。2秒以上かかると心臓に問題が、5秒以上かかると毛細血管に問題があると言われています。心臓・肺に疾患があると爪はバチ型になったりします。

アナ:そういえば、爪が薄くて折れやすい人やガタガタの人もいますね。その原因と対応を教えて下さい。

夏苅:では、タイプ別に考えてみましょう。薄くて折れやすい人は「血虚タイプ」。爪全体が白っぽくてもろく割れやすい、真ん中が反り返っていたりします。これは貧血や血液の栄養不足です。対応は血液を増やしながら巡らせる婦宝当帰膠で肝血が増えて来ると丈夫な爪になるでしょう。
紫から黒っぽいひとは「瘀血タイプ」末梢血管の血流が悪いので唇も黒ずんでいたり、こりやしこりがあったりします。心臓疾患の恐れもあって要注意です。
1本の指の爪に黒い筋がある人はガンの可能性もあるので病院での検査が必要です。末梢の血流を改善する冠元顆粒や冷えが強い低体温の人には参茸補血丸で温めて元気な血液で身体を養うと良いでしょう。
横溝があったり表面が凸凹している人は、「慢性疾患、体調不良タイプ」。湿疹や腸が弱くて栄養吸収が上手くできない時期に健康な爪が作れないためです。いわゆる脾弱な人ですね。健脾散顆粒で腸を元気にすると逆むけも治るしきれいな爪になりますよ。

アナ:他にどんなタイプの爪がありますか?                                                                               
   
夏苅:他には「腎虚タイプ」で、縦の溝が増えたり深くなっていれば爪床が萎縮しているので、老化の表れですね。肝腎を補う杞菊顆粒が良いでしょう。
少ないかも知れませんが、とても痛くて困っているのが巻き爪の「ストレスタイプ」です。足の親指に出ている方が多いようですが、爪の両端が内側に曲がって肉に食い込んで酷い人は出血しています。強いストレスが長期になると緊張状態が続き、肝の性質である伸びやかさが阻害され真っ直ぐに生えることが出来なくなります。こんな場合はストレスを和らげる逍遥丸や星火温胆湯で20年来の巻き爪でも1ヶ月くらいできれいに改善します。
最後は「カビタイプ」で爪が白濁して先端が厚くもろくなります。水虫や爪白癬など、真菌に感染している可能性があります。華陀膏をお試し下さい。

アナ:爪から体質が分かるって面白いですね。では、最後に健康な爪のために気をつけたいことは何でしょう?       
                                                                        
夏苅:健康な爪を保つには、気血を養う肝の働きを良くすること、身体を温めて血液の巡りを良くすること、栄養吸収をよくするために腸を元気にすることが大切です。  食べ物としては、ゼリーや寒天、豚足、フカヒレといったゼラチン質のものが爪を健康にしてくれます。日常的にマニキュアをしている人は、週に一度は爪の根っこを10回もんで指マッサージを心がけましょう。体質のご相談は、パンダマークの長崎中医薬研究会の会員店にご相談下さい。
   
アナ:ありがとうございました。次回は4月25日水曜日、担当は長崎市西山町の山中薬局の山中みちよさんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧ください。
このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 皮膚病・美肌・美容のお話 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231922
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH