<< 漢方健康日記 第242回 「冬の関節痛、筋肉痛」のお話 | main | 漢方健康日記 第243回 「春は目の強化をしましょう」 >>
2018年2月18日 定例会 小児皮膚病における中成薬の応用
H30年2月18日楊暁波先生

2月18日 東京より中医学講師の楊暁波先生をお招きして「小児皮膚病における中成薬の応用」と題してお話をしていただきました。
実際に楊先生が相談を受けられた小児の皮膚病の症例をもとに、中成薬やハーブティーの使い方やスキンケアのポイントなどを教えていただきました。
病院に通ってステロイド剤を塗ってもなかなか改善されない皮膚病も、中医学の考え方にもとづいてハーブティーをのんだり、スキンケアや食養生を行い、住環境や衣類を見直すことで徐々に改善していく様子がみられました。
皮膚から患者さんの状態を読み取ることの難しさや大切さを学ぶことができました。

(参加店)
(長崎)開生薬局 龍虎堂薬局 漢方松風堂 藤村薬局 朱雀薬局 山中薬局 小ヶ倉薬品
(大村)山崎薬品
(島原)しまばら薬局柏野店
(佐世保)中島薬局 漢方の岩永十字堂 あいおい薬局 
       
                    (12店 18名)

報告者 あいおい薬局 山口圭子
          
| 勉強会の模様 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231920
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH