<< 漢方健康日記 第240回 「いつまでも1人で歩けますように漢方で養生しましょう」のお話 | main | 漢方健康日記 第242回 「冬の関節痛、筋肉痛」のお話 >>
漢方健康日記 第241回 「花粉症の漢方での対策と養生」のお話

       『漢方健康日記』
実際の放送とは違いがある場合があります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は長崎市 滑石の朱雀薬局三宅 涼子さんにお話を伺います。さて、今日はどのようなお話でしょうか?

三宅:毎年2月頃になると花粉の飛散量が気になってきますが、今日は、その花粉症の漢方での対策と養生についてお話したいと思います。

アナ:そうですね。花粉症の方にとってはつらい時期がやってきますね。

三宅:花粉症の症状の重さは、花粉の量だけで決まるわけではありません。
   同じ量の花粉でも各々の体質や体調によって受ける影響、症状の現れ方は違ってきます。
 
アナ:それはどうしてなのですか?

三宅:花粉症の症状が強く現れる人は皮膚や鼻、喉など身体の表面をバリアのように
覆い、花粉やウィルスから身を守る免疫力のような衛気が不足していると考えます。体質改善をして衛気の充実した身体作りが大切です。その代表的な漢方に衛益顆粒があります。シベリア霊芝茶もお役に立つと思います。
35歳男性のお客さんで、5年前、周りがスギの木だらけのマラソン大会に出場してから突然花粉症が発症した方に、衛益顆粒1年、シベリア霊芝茶3年、紅サージ4年服用してもらっていますが、漢方を服用してから1年目はやや軽く、2年目からはもっと軽く、3年目からは症状が出なくなっています。

アナ:症状が出なくなるとは嬉しいですね。それではその衛気が充実しているだけで
防げるのですか?

三宅:まずは衛気の充実ですが、症状が現れたときには、その出方や体質に合わせて
   適切な対応をすることも必要です。先ほどの方にも最所の2年ほどはまだ症状が  
   出ていましたので、症状に応じて漢方を処方しました。

アナ:そうなのですね。体質や症状によっても対応の仕方が違ってくるのですね。


三宅:はい。鼻づまりでも透明な鼻水、くしゃみ、鼻や喉の痒み、顔色が白いときには、
   漢方薬は小青竜湯など。食べ物も、香りの高い、身体を温める、ねぎ、しょうが、 
   シナモンなどがオススメです。
   また同じ鼻づまりでも粘りのある鼻水、喉の渇き、眼の充血、痒みがある時には
   天津感冒片、鼻炎丸、心サージ、身体の熱を冷やすミントやセロリ、きゅうり 
   などを摂られてみてください。
   
  鼻水が多く、眼の腫れ、むくみがある時は、五苓散、瀉火利湿顆粒も試されてみて 
  はと思います。食事には利水作用のあるシソ、もやし、はと麦を利用されると良い
  ですよ。

アナ:症状によっては使う漢方や摂った方が良い食事も違ってくるのですね。

三宅:そうですね。日頃からの偏った食事や過労、睡眠不足などは花粉症の体質を作る
   原因にもなりますし、衛気を充実させるためにも、まずは元気な胃腸でしっかり身体に合った栄養を摂り、体内のエネルギーを十分に養うこと、また、肺が乾燥すると花粉症になりやすくなりますので潤い不足にも注意しましょう。
百合根や大根、はちみつなどは「潤い食材」で肺を守ることにつながります。

アナ:なるほど。その他に暮らしの中での対策がありますか?

三宅:はい。洗濯物を室内干しにしたり、外出時にはマスク、めがね、帽子の着用、
   帰宅後のうがい、手洗いはもちろんですが、朝の深呼吸を習慣にして、陽気を
   身体に充満させたり、新鮮な野菜を毎日たっぷり摂るように心がけ、アルコール、糖分、塩分、香辛料、油分などは控えめにされることをオススメします。その方に合ったアドバイスを、早めにお近くのパンダのマークの長崎中医薬研究会の会員店でご相談されてみてはと思います。
   
アナ:ありがとうございました。次回は2月14日水曜日、担当は長崎市東古川町
   漢方松風堂の太田 玲子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会 会員店へどうぞ。詳しくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 風邪・花粉症のお話 | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231916
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH