<< 漢方健康日記 第289回 「やっぱり漢方はスゲ〜な!」のお話 | main | 漢方健康日記 第291回 「耳なり、耳のトラブルついて」のお話 >>
漢方健康日記 第290回 「風邪の対策と漢方の風邪薬の使い分けについて」のお話
実際の放送とは違いがある場合があります

『漢方健康日記』原稿11月8日

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は佐世保市浜田町のあいおい薬局山口夏実さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

山口:今日は風邪の対策と漢方の風邪薬の使い分けについてお話しようと思います。   
最近、朝夕は冷え込んできましたね。○○さんは大丈夫ですか?

アナ:喉を使う仕事なので気をつけてはいますが、風邪の対策は気になりますね。

山口:うちの薬局でも病院から風邪の処方箋をもって来られたり、風邪薬を買いにいらっしゃる方が増えて来ました。それに先日テレビで「今年のインフルエンザワクチンの製造量が過去5年間で一番少ない」という厚生労働省の発表がありました。今これから風邪の流行のシーズンを迎える今の時期の対策が大切です。

アナ:冬になるとインフルエンザなども流行りますよね。風邪やインフルエンザの対策としてまず何をしたらよいでしょうか?

山口:皆さんもよくご存じだと思いますが、まずはうがい、手洗いが重要です。手洗いでは、手のひらだけでなく指先、汚れが落ちにくい爪の先は入念に洗い、洗い残しが多い親指、指の間、手首、手の甲なども普段からしっかり洗う習慣をつけましょう。
うがいは板藍茶というお茶ですると効果的です。板藍茶の原料である板藍根は抗菌、抗ウィルス作用がある生薬で、鼻や喉から侵入しようとする菌やウィルスを退治してくれます。うがいができない外出先ではのど飴タイプの板藍のど飴がお勧めです。

アナ:菌やウィルスに侵入されにくい体をつくるにはどうすればよいですか?

山口:食事の面では、粘膜を健康に保つ働きのあるビタミンAを多く含むほうれん草、かぼちゃ、人参などの緑黄色野菜を食べましょう。あとは鍋や雑炊、うどんやスープ煮など温かいメニューで体を冷やさないことです。ウィルスの侵入を防ぐためには体を温め血液の循環をよくして外敵と戦う免疫機能を高めることが大切です。

アナ:粘膜を元気にして体を冷やさないようにすることが大切なんですね。漢方薬では何かありますか?

山口:衛益(えいえき)顆粒がお勧めです。衛益顆粒には黄耆という生薬が入っていますが、黄耆は皮膚や粘膜を元気にし、ウィルス、細菌、花粉、気温変化などの様々な外的刺激から体を守る力を活発にする働きがあります。
   また、衛益顆粒は冷えの侵入も防いでくれますよ。

アナ:衛益顆粒って何だかバリアを張るような漢方なんですね。気を付けていても風邪をひいてしまった時はどうすればよいでしょう?                                                                                      
   
山口:「おかしいな、なんかへんだぞ」という早めの時期の対処が肝心です。
   ゾクゾクと寒気がして汗が出ず、頭痛や首筋がこるなどの症状があれば「葛根湯」。葛根湯はお湯割りなど暖かくして服用するのがポイントです。のどが痛くて熱っぽいなどの症状があれば「天津感冒片や涼解楽」。また、冬場によくみられるノロウィルスなどの、吐き気や下痢など胃腸症状を伴うものには「勝湿顆粒」や「五行草茶」をというように、症状にあわせて併用して初期のうちに風邪を追い出しましょう。
   母が中医学を勉強していたので、私は子供の頃から身近に漢方薬があったせいか、                         
   予防、早めの対処、どんな時にはこのお薬というように習慣になっています。おかげで風邪をひいて病院にかかったことはほとんどありませんよ。

アナ:症状に合ったお薬で早めの対処が大切なんですね。

山口:そうなんです。まずは「うがい、手洗い、板藍茶」「衛益顆粒」で風邪対策。ひいてしまったら症状にあった早めの治療を。それと十分な睡眠に栄養バランスのとれた食事と体を冷やさないことも大切ですね。
   もともと風邪をひきやすい、冷え症、胃腸が弱いなど、体質によって使う漢方薬も違ってくる場合もありますので、詳しくはパンダマークの長崎中医薬研究会のお店でご相談ください。
      
アナ:ありがとうございました。次回は11月22日水曜日、担当は大村市西三城町、山崎薬品の山崎京子さんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧ください。
このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 風邪・花粉症のお話 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231911
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH