<< 漢方健康日記 第287回 「秋に向けての養生法」のお話 | main | 漢方健康日記 第289回 「やっぱり漢方はスゲ〜な!」のお話 >>
漢方健康日記 第288回 「老化予防して寝たきりや認知症にならずに、こころも身体も元気で楽しく暮らす健康長寿で生きよう」のお話

「漢方健康日記」 10月11日 太田 玲子 
実際の放送とは違いがある場合があります。
アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣をみつめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。
今日は長崎市東古川町の漢方松風堂さんにお話を伺います。さて今日のお話は。
 
太田:はい。今日は、「老化予防して寝たきりや認知症にならずに、こころも身体も
元気で楽しく暮らす健康長寿で生きよう」という事について少しお話しようと思います。厚労省の昨年の調査では、平均寿命が男性は80.98才、女性87.14才で
過去最高を更新して、4人に一人が65才以上の高齢化社会です。 

ところが、平均寿命が延びる一方で健康寿命(健康上の問題で日常生活が制限される事無く生活できる期間)は男性で約10年、女性は約13年短いことも分かっています。つまり、男性は70才、女性77才以降は、認知症、寝たきりになるなど介護を受ける生活になる可能性が非常に高くなる事を意味しています。

アナ:こころも身体も健康でいたいです。介護されている方も多いですね。

太田:中医学では、男性は40才頃から女性は35才位から老化は始まると考えています。老化は腎の機能の衰えと血液の機能の衰えのお血が関連しているので、
老化予防の基本は、活血、補腎、健脾 です。 

活血とは、血液・血管を綺麗にし心臓から毛細血管まで血流を良くすることです。
血管は一本につなぐと地球二回り半の長さがあり、99%が毛細血管です。毛細血管は身体の隅々まで血液を巡らせ、酸素や栄養を届け、老廃物を回収しています。

毛細血管に血液が流れているのを、手の指の爪の生え際で見る事が出来ます。
心臓から出た血液が指先の血管の先端部でUターンしています。ピューピューと流れているのが見えるのは感激です。
理想的な血管は綺麗なヘアピン状になっています。生活習慣により、ねじれたり太くなったりと変形します。加齢に伴い毛細血管は減少しゴースト化した所もあります。

アナ:毛細血管の血流が見られるのですか?すごいですね。血液を綺麗にして流れを良くする漢方薬は何かありますか。
太田:べタベタ、ドロドロの血液では、血管の中を流れにくく、肩こりや頭痛、動脈硬化、高血圧、心臓病、糖尿病、脳梗塞などおこしやすくなります。
このような方には、漢方薬では血液・血管を良くする冠元顆粒などおすすめです。
又貧血や元気不足の人は、養う力、温める、循環させる力が不足ですから、漢方薬では、婦宝当帰膠や麦味参顆粒などを使って、元気をつけ、流れを良くします。

アナ:補腎とは、どんなことでしょう。

太田:補腎ですが、肝腎要の腎。健康長寿の鍵は腎にあります。中医学では腎は、生命力の源で免疫力や脳、骨、腰の力は腎が主ると考えています。腎の衰えで、脳の萎縮や機能低下、物忘れが起こり易くなります。足腰の力が弱り、転んで骨折して、寝たきりになったら、認知症にも繋がります。
腎の働きを補う杞菊地黄丸、独歩顆粒や亀鹿仙などを予防として40代後半から服用される事をお勧めします。
冷えや貧血がある方には、参茸補血丸などをよくお飲みいただいています。

アナ:健脾とは、どんなことでしょう。

太田:健脾とは、消化吸収力を良くすることです。脾胃消化器系は食事の栄養から気・血・水・精を生み出しています。胃腸の働きが衰え、食事の量も少なく偏ると、栄養が不足して全身の臓器の働きが低下し、体力も落ちてしまい、心臓や脳の気血も不足して、物忘れなども起こりやすくなります。
胃腸の働きを良くする漢方薬は健胃顆粒、健脾散、晶三仙、補中丸、心脾顆粒などお勧めです。
食事を楽しく美味しく食べられる事は幸せで健康の基本です。
暮らしの養生としては、
食事は薄味で温かい物をゆっくりと食べるようにする。
食事を良く噛む習慣は、上手に飲み込む力をつけるトレーニングにもなります。
散歩やラジオ体操など外に出て、自然を楽しみ気持をリラックスさせましょう。
若いうちから、病気にかかり難い体質を作り、病気を未然に防ぎ、寝たきりや、認知症、老化を予防して介護を受けなくてよい健康寿命で過ごして欲しいです。
 
アナ:有難うございました。次回は10月25日島原市広馬場町しまばら薬局織田堅一郎さんです。健康のご相談は、店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。お問い合わせは長崎中医薬研究会ホームページをご覧下さい。
   このコーナーは、長崎中医薬研究会がお送りしました。



| 更年期・老年期のお話 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231909
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH