<< 漢方健康日記 第271回 「健康で長生きするために最も大切な食」について | main | 漢方健康日記 第273回 「めまい」について >>
漢方健康日記 第272回 「生理痛」について
漢方健康日記 H29年2月8日 山口
実際の放送とは異なる場合があります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
   究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は佐世保市浜田町のあいおい薬局山口圭子さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

山口:今日は「生理痛」についてお話しようと思います。最近は医療用として使われているものと同じ鎮痛剤が第一類医薬品として薬局でも販売されています。うちの薬局でもお客様が買いに来られますが、服用する理由を聞くと若い女性の場合、生理痛という答えが大半です。毎月鎮痛剤をのまれている方が多いようですが、中医学では本来、生理痛はないのが正常な状態と考えられています。

アナ:女性なら生理痛はよくあるものだと思っていましたが、ないのが正常なんですね。

山口:そうなんです。生理痛には子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が潜んでいる場合がありますので、ひどい生理痛が続く場合は婦人科の受診をおすすめしています。今回は生理痛の原因を大きく3つのタイプに分けて、その対処法をお話しますね。
   まずは今の寒い季節に多い、冷えで悪化しやすいタイプ。もともと冷え症だったり、冬の寒さが影響して体が冷えると子宮の血流が悪くなり、生理痛の原因となります。このタイプの生理痛は下腹部に冷えを伴い、ぎゅっと絞られるような痛みがあり冷えると痛みが強くなり、温めると和らぎます。生理の経血は暗い赤色で黒ずんだ血の塊が混じることもあります。対処法としては体を冷やさないような服装を心がけ、冷たい飲み物や生ものは控えましょう。漢方では参茸補血丸や婦宝当帰膠、爽月宝などがおすすめです。

アナ: 女性は冷え症の方が多いですよね。最近はおしゃれな腹巻などもあるので利用するとよさそうですね。では2つ目のタイプは?

山口:2つ目はストレスなどが原因で血流が悪くなっているタイプです。ご相談をお受けしていて、学生の頃は生理痛はなかったのに、社会人になって環境が大きく変わってから生理痛がひどくなったという方がよくいらっしゃいます。ストレスを受けると気(エネルギー)の流れが滞り、生理前や生理中に腹部の張りや軽い痛みを感じることがあります。この気の流れが滞った状態が続くと血液の流れも悪くなり生理痛がひどくなります。
   このタイプも経血の色が暗く、レバー状の塊が見られます。情緒の変動で痛む場所や痛みの程度が変わったりします。対処方としては上手にストレスを発散し、軽い運動などで血流をスムーズにするとよいですよ。漢方では逍遥丸や冠元顆粒がおすすめです。

アナ:ストレスで血流が悪くなると生理痛もひどくなって、イライラする上に憂鬱にもなりますよね。

山口:そうですね。イライラもひどくなる前に対処されることをおすすめします。最後に3つ目は気(エネルギー)や血(血液)が不足しているタイプ。もともとの虚弱体質や過度のダイエットなどによる栄養不足で子宮に十分な血液やエネルギーが行き渡らず生理痛がおこります。このタイプの生理痛の特徴としては生理の終わりかけに痛みが強くなったり、重だるい痛みが続くこともあります。また生理の周期が長くなったり、経血の色が薄く量が少なめになります。足りない気血を補うためにほうれん草や人参、豚肉や鶏肉などを使った料理でしっかり栄養を摂ることが大切です。漢方では補中丸、婦宝当帰膠がおすすめです。

アナ:ひとことで生理痛と言っても、痛み方や生理の経血の状態まで様々なんですね。

山口:そうなんです。女性は初潮から閉経まで平均35年間、約350〜450回の生理がくると言われます。女性であるからこそ自分の体の状態を生理の周期や経血の状態などからよみとることができるとも言えます。生理痛があるからと鎮痛剤で一時的にやり過ごさずに、どうバランスがくずれているのか、生活習慣でみなおすところがないか、自分の体と向き合ってみていただきたいのです。思春期の娘さんをお持ちのお母様は、娘さんと生理についてお話される機会を作っていただけるといいと思いますよ。今回はおおまかに3つのタイプに分けてお話しましたが、原因がひとつとは限らずいくつか合わさっていることがほとんどです。症状にあわせて養生法やお薬も変わってきますので、詳しくは長崎中医薬研究会のお店でご相談ください。

アナ:ありがとうございました。次回は2月22日水曜日、担当は大村市西三城町、山崎薬品の山崎京子さんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
   もしくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 婦人病・子宝のお話 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231889
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH