<< 漢方健康日記 第269回 「漢方で妊活応援しますのお話」について | main | 漢方健康日記 第271回 「健康で長生きするために最も大切な食」について >>
漢方健康日記 第270回 「鼻炎のお話」について

漢方健康日記  H29年1月11日 太田
実際の放送とは違う場合があります
アナ:漢方健康日記 このコーナーは漢方を通じて、皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめ直して、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。    担当は長崎市東古川町 漢方松風堂の太田玲子さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は。

太田:明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
今日は鼻炎についてのお話です。日本では、花粉症・アレルギー性鼻炎・血管運動性鼻炎などで、悩んでいる方が増加しています。
これには、住宅環境の変化やスギ花粉量の増加、大気汚染といった外的な要因と同時にストレスの増大、肉食の増加、運動不足などからくる体質の変化も深く関係しています。対策としては、うがいやマスクをする、抗ヒスタミン剤、血管収縮剤等で鼻水などの症状を抑えることが中心の対策ですが、根本的に養生し、体質を整えれば、発症を予防し症状を和らげることができると思います。

アナ: 体質改善で鼻炎、花粉症予防できるのですか。

太田:はい、出来るんですよ。これから冬本番、寒さが苦手な人にとっては、つらい季節ですが、中医学では、冬は「身体を養い、エネルギーを蓄える季節」にあたり、冬こそ体力不足の体質を改善して体調を整える大切な時期と考えています。冬場の体質改善、養生は、風邪予防は勿論、春からの花粉症の予防にもつながります。
人にはそれぞれ生まれ持った体質がありますが、体質だからと諦めず、自分の努力で日頃の食事や適度の運動、休養、睡眠等の生活習慣に気を配って自分の体内の不調や弱りを、きちんと改善する事で病気や花粉も寄せ付けない身体に少しでも変える事が出来ると思います。
私達の身体にはもともと外敵から身を守る力、病気や邪気(ウイルス、花粉など)の侵入をさせない防衛力、免疫力、「正気」が備わっています。正気は体内の気血によって維持されていますので、体内を巡る気血水のバランスを保つことが大切です。これらが不足したり、流れが悪くなったりすると、様々な不調が起きてきます。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻の不調は、中医学では、鼻だけの問題ではなく体内の気・血・水のバランスが崩れている状態だと考えています。
体内の気血を充実させる基本は、「肺」と「脾胃」(消化器系)の働きを良くする事です。気は呼吸で取り込まれる清気(酸素)と食事から摂る栄養と腎気をもとに生み出されます。
<気(生命エネルギー)血(身体に必要な栄養分を含んだ血液)水(身体に必要な水分)>
アナ: 肺と脾胃の働きを良くするには如何したら良いでしょう。

太田:肺、気虚タイプの人は、息切れ、汗かき易い、疲れやすく風邪引きやすい等の症状が出易いバリア力不足です。衛益顆粒、補中丸、麦味散顆粒等で元気づけます
    衛益顆粒には前もって飲んでおくと花粉症予防と回復効果ありの研究があります。

脾胃が弱いタイプの人食欲不振、胃もたれ、おなかの張り、疲労倦怠感等の症状には、健脾散顆粒、健胃顆粒、補中丸、晶三仙などで弱った脾胃を元気にします
   
特に女性血虚貧血タイプの人は、体の冷え、体力の低下、めまい、動悸、不眠等の症状が出やすくなります。婦宝当帰膠、心脾顆粒などで血不足を改善します

アナ:症状が出てしまったらどうしましょう?
太田:寒タイプの人の症状は・・透明で水っぽい鼻水、鼻づまり、くしゃみ、寒気等
    よく使われるのは、・・衛益顆粒+葛根湯、頂調顆粒、小青竜湯等です。

熱タイプの人の症状は・・のどの痛み、乾き、目の充血痒み、鼻水に粘りがある等
    よく使われるのは・・衛益顆粒+涼解楽、鼻淵丸、板藍茶、菊花等です。

湿タイプの人の症状は・・頭重、鼻水が多い、浮腫み、食欲不振など。
      よく使われるのは・・衛益顆粒+勝湿顆粒、五苓散などです。

体質の違いや気候によって症状は変わります。適切な対処、タイプに応じての
ケアでなるべく症状を和らげ、花粉の季節、鼻炎を穏やかに乗り切りましょう。

★血管運動神経性鼻炎は、昼間はなんともないが早朝起きた時や冬に暖かい室内から外へ出た時、又食事等で急に温められた時など、姿勢や環境、温度差の変化によって発作的なくしゃみ、鼻水、鼻づまりが起きるアレルギー反応は無い鼻炎です。
原因として、塵埃などの環境因子、臭気などの刺激、天候、肉体的・精神的な心身
因子、鼻の血行不良や自律神経の失調などによる鼻の粘膜が過敏症の1種です。

アナ: 有難うございました。次回の放送は1月25日島原市広馬場町しまばら薬局
織田堅一郎さんです。健康のご相談は、店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。もしくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。



| 風邪・花粉症のお話 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231887
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH