<< 漢方健康日記 第256回 「漢方で体質改善して体をスッキリ」 | main | 漢方健康日記 第257回 「舌を見て体質を知る方法」 >>
2016年5月定例会 胃腸のお話、アトピー性皮膚炎の養生法 

5月15日 愛知県春日井市より「よいち漢方薬局」の小林洋一先生をお迎えして、アトピー性皮膚炎の養生法についてお話していただきました。
小林先生は多くのアトピー性皮膚炎の患者さんの相談を受けていらっしゃいますが、最近は病院でも漢方薬を出されること、外用薬がステロイド剤から免疫抑制剤へ移行していることなどから、薬局へ相談にこられる患者さんは、重症か極端に軽い人、あるいは新薬に不信感をもった人に限られてきているそうです。
小林先生はまずは食事指導をしっかりされています。乳製品や菓子パン、揚げ物など脂肪分の多い食べ物は控える。胃腸系を冷やし過ぎる冷たい飲み物や食べ物は、消化酵素の働きを鈍らせ結果的に皮膚のバリア機能を低下させるので常温か温かいものを食べることなど。
経験豊富な小林先生の次から次に出る症例や、先生の薬の使い方など、盛りだくさんの内容でとても勉強になりました。

参加店
(長崎)漢方松風堂 龍虎堂薬局 小ヶ倉薬品 開生薬局 藤村薬局本店 朱雀薬局
(大村)山崎薬品
(佐世保)あいおい薬局
  以上 8店11名

報告者 あいおい薬局 山口圭子

| 勉強会の模様 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231870
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH