<< 漢方健康日記 第254回 「健康寿命」について | main | 漢方健康日記 第256回 「漢方で体質改善して体をスッキリ」 >>
2016年4月定例会 うつの中国漢方について

4月24日 埼玉県草加市から「松一屋薬局」の松永樹浩先生をお招きしてうつの中国漢方と目の健康体操についてお話をうかがいました。
漢方でのうつの治療は患者さんの体質や人生観、環境なども考え、体や脳、精神の耐える力があるかどうかを見ながら、抗うつ剤を服用されている方には抗うつ剤による副作用も考えて処方を考えなければならないとお話されました。
中国最古の医学書の黄帝内経にもうつ病に関する原因や、診断、治療、養生について書かれているそうです。
自然に合わせて季節に応じて処方を変えたり、体質別の薬の組み合わせ、食養生、先生が普段患者さんに話されている諺の話など、幅広い内容でとても勉強になりました。

参加店
(長崎)開生薬局 漢方松風堂 龍虎堂薬局 朱雀薬局 小ヶ倉薬品
(佐世保)中島薬局 あいおい薬局
(五島)富江薬局

以上 8店13名

報告者 あいおい薬局 山口圭子

| 勉強会の模様 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231868
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH