<< 漢方健康日記 第245回 「老化予防」について | main | 2015年12月 定例会 温病学説 >>
漢方健康日記 第246回 「妊娠の確認と妊娠維持のための漢方養生法」について
『漢方健康日記』原稿11月25日

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は長崎市の小ヶ倉薬品・円入利徳さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

円入:妊娠の確認と妊娠維持のための漢方養生法についてです
   月経周期が安定している場合、予定日を過ぎても生理が来ないと妊娠の可能性があります。
低温期の長さは個人差がありますが、高温期は通常12日から14日間の長さです。
高温期が17日を過ぎた場合は妊娠している可能性があります。
最終月経日の初日から2週間後辺りに排卵して受精、それから1週間かけて子宮の中に着床となります。
受精卵が子宮に着床すると絨毛(じゅうもう)という根を子宮に生やし始め、赤ちゃんがお母さんから酸素や栄養をもらうために胎盤形成が始まります。
その絨毛からHCGというホルモンが出始めます。
月経予定日の1週間後辺りを目安に市販の妊娠検査薬でHCGを検出することで妊娠を
確認することが出来ます。

アナ:今は市販の検査薬があるので便利な時代になりましたね。

円入:その後は病院での超音波検査になります。
個人差あると思いますが、5週前後で胎嚢が見え始め、6週頃、心拍確認となります。
10週頃になると妊娠を維持するための黄体ホルモンが分泌される場所が、
卵巣の中の妊娠黄体から胎盤へと移行されるとても大切な時期になります。
15週になり、胎盤が完成すると体温が下がり、つわりも治まり、流産の可能性も下がるので安定期と呼ばれます。赤ちゃんは、胎盤をお母さんの食べた物の味が分かるようなり、またお母さんの感情も伝わり、まさしく一心同体のようになると言われています。
流産と呼ばれるのはは22週未満までで、22週以降であれば早産と呼ばれて現代医学の助けで赤ちゃんの生存の可能性ができて来ます。

アナ:漢方では妊娠の維持の養生をどう考えるのでしょうか?

円入: まず、赤ちゃんに栄養をたっぷり運ぶために充分な血液が必要です。
また赤ちゃんを育てる子宮の中を温かく保つのにも充分な血液が必要です。
   その血を補うものとして婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)がよく使われています。
   血は優先的に赤ちゃんへ行きます。お母さんにまで血が行き渡らない時は、
   髪の毛のぱさつき、抜け毛、爪が割れやすい、乾燥肌、顔色のくすみ、
肌荒れ、眠りが浅い、不安、心配性、便秘、冷え、疲れやすいなどが
血の不足のサインとして現れる場合があります。
   漢方では検査で貧血と言われてなくても、血が本来の働きをしていなければ、
かくれ貧血の血虚と考えらますので、血虚を改善する補血薬婦宝当帰膠をおすすめします。
母乳のもとは血液ですから、産後の授乳のためにも血液はしっかり補っておきたいですね。
次に、漢方では「腎は成長を司る」と考えられます。
赤ちゃんの成長には、腎の気(エネルギー)が必要ですので、
天然の冬虫夏草が配合され、安胎の力がある双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)や
参馬補腎丸などの腎を補うという意味の補腎薬が良く使われています。

アナ:生活上の注意点とかあるのでしょうか?

円入:食生活ですが、「まごわやさしい」という言葉はご存知でしょうか?
まは豆類(豆腐、納豆、味噌、その他豆類)ごは胡麻、わはわかめなどの海藻類、
やはやさいで緑黄色野菜、淡色野菜、根菜類、さは魚介類、しは椎茸などのきのこ類、
いは薩摩芋、里芋等のイモ類です。という具合に主食の穀物とまごわやさしいの副食
を基本に食べると栄養のバランスが良くなるのでおすすめです。
妊婦に必要な葉酸のサプリメントも利用すると良いでしょう。
タバコは血管を収縮させるので赤ちゃんが酸素不足になる可能性もありますし、お酒はアルコールが
赤ちゃんまで届いてしまうので赤ちゃんが飲んでるのと同じ状態になるので避けて下さい。
漢方薬は体質により異なりますので 詳しくはお近くのパンダマークの店頭でご相談下さい。

アナ:ありがとうございました。次回は12月9日 長崎市 朱雀薬局 三宅涼子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
お問い合わせは日本中医薬研究会事務局、東京03−3273−8891もしくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧下さい。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。



| 婦人病・子宝のお話 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231854
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH