<< 漢方健康日記 第215回 「妊娠しやすい体づくり」について | main | 漢方健康日記 第217回 「骨粗鬆症」について >>
漢方健康日記 第216回 「つらい生理痛を和らげる漢方」について

実際の放送とは違いがある場合があります。
 『漢方健康日記』原稿 

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研
会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な
くらしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市滑石の朱雀薬局三宅 涼子さんです。宜しくお願いします。今日のお話は?

三:今日は、つらい生理痛を和らげる漢方についてお話したいと思います。
  健康な月経の日数は7日前後、月経の周期は28日前後が一般的です。
  生理の量は多すぎず、多い日の日中2時間ロングナプキンで過ごせる程度、
  色は赤〜暗紅色で粘りや大きな塊がなく、「生理痛はない」のが正常な状態と考えます。

アナ:生理痛はあるのが普通だと思っていましたが、生理痛はないのが正常なんですね。

三:はい。健康な月経の状態なら生理痛はありません。
生理痛が起こると、安易に鎮痛剤を服用している方が多いようですが、
ご相談に来られる方の多くは、昔は鎮痛剤を飲んですぐ効いていたのに、最近は効くまでに時間がかかるようになった、飲む回数、量を増やさないと効かなくなってきた。さらには、飲んでも全く痛みが治まらなくなり、学校、仕事等を休まないといけない状態で困るようになったので、漢方で何とかして欲しいという方もいらっしゃいます。

アナ:確かに、辛い生理痛に鎮痛剤をとCMでもよく耳にしますし、服用している女性も多いでしょうね。生理痛は漢方で改善するのですか?

三:はい。生理痛の痛みは人それぞれで、体質・生活スタイル・食習慣などが違うように、痛みの種類も程度も全く違います。体質・症状に合わせて漢方を服用して頂ければ、主だった婦人科疾患がなければ、だいたい3ヶ月程度でかなり改善できますよ。

アナ:改善するというのは嬉しいですね。痛みの原因も人によって違うのですね?

三:はい。痛みの種類について、大きく3つのタイプに分けてお話したいと思います。一つ目のタイプは、冷えが原因のタイプ。
冷えると痛みが強くなり、温めると痛みが柔らぐ、生理の色は暗く、黒ずんだレバー状の血の塊が出るのが特徴です。二つ目のタイプは、ストレスが多くイライラしやすい方に多い、気(=エネルギー)や血の流れが悪いタイプ。生理前に胸や脇が張り、痛み、情緒の変動によって痛みが変化しやすく、生理の色は暗く、細かい血の塊が見られるのが特徴です。3つ目のタイプは、エネルギーや血が不足しているイプです。月経の後半に痛みが強く、比較的弱い痛みが長く続き、生理量は少なく、色は薄いのが特徴です。

アナ:3つのタイプ別に考えるとわかりやすいですね。では、それぞれどういった漢方があるのですか?

三:はい。冷えが原因のタイプには、体を温め、血流をよくする婦宝当帰膠や飲むホッカイロを呼ばれている参茸補血丸。ストレスが原因で血流が悪いタイプは、ストレスを緩和し、気の流れをよくする逍遥丸、血流を改善する冠元顆粒、田七人参、芎帰調血第一加減、水蛭やピクノジェノールの含有食品。エネルギーや血が不足しているタイプは、婦宝当帰膠、飲む点滴と呼ばれる麦味参顆粒等を使用します。

アナ:色々な漢方があるのですね。実際、使われて改善された方はいらっしゃいますか?

三:そうですね。お客様で44歳の多発性子宮筋腫のご相談に来られた女性がいらっしゃいます。生理痛が30代から酷く、生理期間中、1日2回鎮痛剤を服用しており、日中、夜用ナプキンを何度も変えないとずっしり重くなってしまう、塊も2cm程度のドロっとしたのが出るとの事でした。血流を改善する漢方薬を2種類と多発性子宮筋腫の改善に使用する漢方をお出ししたところ、1ヶ月後には鎮痛剤を生理初日だけ服用しただけで、他の日は飲まなくて大丈夫だったと、さらに2ヶ月後には鎮痛剤を全く服用しなくてよくなり、ナプキンの使用量もかなり減ってきていると喜ばれていました。その後1年半経ちましたが、生理痛もなく、生理量も安定していて子宮筋腫も現状維持で手術をしないで済んでいます。

アナ:そんなに早く効果が出るなら、早く漢方を試したいものですね。

三:そうです。生理痛は婦人科疾患が隠れている可能性もありますし、婦人科疾患が生じてしまうサインでもあります。軽く考えず、まずはお近くのパンダマークの薬局・薬店に行かれて、体質を把握し、漢方で原因を改善することをオススメします。

アナ:ありがとうございました。次回の放送は9月11日長崎市東古川町 漢方松風堂の太田 玲子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。お問い合わせは日本中医薬研究会事務局、東京03−3273−8891もしくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧下さい。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 婦人病・子宝のお話 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1231813
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH