<< 2014年6月定例会「腎の働きと補腎薬の使い分け」 | main | 漢方健康日記 第213回 「認知症」について >>
漢方健康日記 第212回 「夏のスキンケア」について


実際の放送とは違いがある場合があります。

『漢方健康日記』原稿 6月26日

アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市の藤村薬局本店の藤村智代さんです。
宜しくお願いします。さて今日のお話は?

藤村: 今日は「夏のスキンケア」を紹介したいと思います。
    「中医学理論」や「中医美容理論」では人体は自然界から影響を受けやすく
    また、体の中と外とは密接な関係があると考えているので、美肌を保つためには必ず自然界の変化に応じて、体の内側からも外側から両方ケアをしなければなりません

アナ: 季節に合わせて体の内と外のケアが必要なんですね。

藤村: そうですね。夏の特徴としては、夏は気温が高く湿気が多いですから、中医学では体内の中に余分な熱(熱毒)と湿気(湿熱)がたまりやすいと考えます。
「熱毒と湿熱」が原因となって睡眠不足、口渇(口の渇き)、口内炎、食欲低下、だるい、むくみなどの症状が表れやすくなります。肌が赤くなり、吹き出物、
ニキビ、あせも、毛包炎、日光皮膚炎などが多くみられる傾向があります。アトピー性皮膚炎や湿疹なども悪化しやすくなります。

アナ: 夏はお肌にとってつらい季節ですね。トラブルを防ぐにはどうすればいいのでしょう。

藤村: 夏の皮膚トラブルを防ぐポイントは体の内側と外側からデトックスをします。体の中にたまった余分な熱毒や湿熱を排出して、肌を養ってあげると言うことです。「熱毒」を取り除くことを「清熱解毒」、「湿熱」を取り除くことを「「清熱利湿」と言います。内面と外面から考える必要があります。

アナ: 内側と外側と両方から治していくんですね。

藤村:内側からは「中医学」や「中医美容学」では「熱毒」「湿熱」をためないように漢方や健康食品で養生をして、肌のトラブルを予防します。 日本と同じように高温多 湿の香港などは夏に「涼茶」を飲む習慣があります。そのお茶には菊やタンポポの花、スイカズラの蕾(つぼみ)・五行草・板藍根などのハーブが使われています。日本の夏には麦茶・緑豆もやし・苦瓜(にがうり)・トマト・スイカなどがお勧めです。
    
アナ: いろんな食べ物でスキンケアできるのですね。外側からはどうすればいいのでしょうか?

藤村: 外側からは熱毒・湿熱をためやすい環境の中では紫外線が要注意です。紫外線を浴びすぎると、肌トラブルや皮膚病を引き起こすことがあります。それは日光が「光毒」つまり光の毒になったためです。この「光毒」に対してよく用いられる生薬は五行草・紫根(しこん)・苦参(くじん)・などの植物や生薬が用いられます。
このような生薬は過剰な脂の分泌を抑えて毛穴を引き締める効果が期待されます。
    肌の弱い方はこのような生薬や植物を選んだ方がいいですね。
    お勧めは紫根や苦参等の生薬・植物が配合された瑞花路シリーズの化粧品です。
    この化粧品は皮膚を潤わすとともに皮膚の炎症を抑え肌の安定を保ちます。
    実は私もこのシリーズが大好きで瑞花露ソープで洗った後、瑞花露スプレー、
    瑞花露ローショウンを塗って最後にセサージを塗ります。
    このセサージは夏は薄めに 冬の乾燥時期にはたっぷり塗ると効果的です。

アナ: 普段生活の中で気をつけたいことは有りますか?

藤村: はい。生ものや冷たいものの取りすぎ、冷房のかけ過ぎは、消化器系(脾胃)の働きを弱らせ水分代謝が悪くなり体内に病理的な水分湿気を作り出してしまうので注意しましょう。ストレスを避け、疲れすぎないようにして十分睡眠をとりましょう。  健康を維持するためには 生活習慣、食習慣の見直しをされるのも良いでしょう。
    症状や体質によって対応が異なりますので詳しくは長崎中医薬研究会の
会員店にご相談下さい。

アナ:ありがとうございました。今日のお話は藤村薬局本店、藤村智代さんでした。
次回の放送7月10日は長崎市西山、山中薬局の山中みちよさんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医研究会の会員店へどうぞ。お問い合わせは日本中医薬事務局、東京03−3273−8891もしくは長崎中医薬研究会ホームページや漢方健康日記のブログをご覧ください、このコーナは長崎中医薬研究会が送りいたしまた。

| 皮膚病・美肌・美容のお話 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH