<< シャクナゲです。 | main | 第5回セミナー 終了しました >>
漢方健康日記第112回 中国・皮膚病研修報告
『漢方健康日記』原稿 4月14日

アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市の藤村薬局本店の藤村智代さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は?  

100414藤村先生
                          
藤村: 今日は、3月に皮膚病研修に参加をしてきました。その時の様子をお話したいと思います。

アナ: 皮膚病研修はどちらに行かれたのですか?

藤村: 中国の雲南中医医院で研修してきました。今年で4回目になります。

アナ: 中医医院と言うと漢方の病院ですか?

藤村: 漢方専門の病院です。そこの外科、漢方では皮膚科も外科に入るのですが、そこで「臨床の現場」を見学させて頂きました。



アナ: 「漢方専門の病院」と言うと、なかなか想像が付きませんが、日本の病院とはどんな違いがあるのですか?

藤村: まず外来患者さんが入ってこられ、漢方医に皮膚の症状と体調を伝えます。
漢方医は症状を素早くチェックして脈を診ます。脈を診ながら問診し、舌の状態を確認(舌診)します。その進み方がとてもスムーズでドンドン診察が進んで行きます。

 ドアは常にオープンなので廊下から別の患者さんも部屋に入って来て…、とても日本では考えられない光景です。
漢方医には2人の助手がついていて処方をドンドン記録しています。漢方医は助手に指示を出してとても忙しいですね。

アナ: 他の人が入ってくるなんて、プライバシーとは無縁ですね。でも、それほどの患者さんを診察する漢方医はすごいですね。1日に何人ほどの患者さんを診られるのでしょうか?

藤村: そうですね。午前中だけで50人以上のようでした。
 我々研修生は、患部の症状や舌診を見逃さないように。また、漢方医の診断を聞き逃さないように真剣に耳を傾けて観察しました。
 舌は私たちも良く見ます。舌の色や苔の状態で、体全体の気・血・水のバランスを見る為です。皮膚病は、「気血水のバランスの乱れが続いた結果が皮膚に表れたもの」と考えますから、バランスを調えることは大切です。
 今年の外来の傾向としては、蕁麻疹の患者さんが多かったこと。後はニキビ・シミの女性が多かったですね。  

アナ: 中国の方も傾向としては何か変化があるのでしょうか?

藤村: はい。去年も参加させて頂きましたが、去年は日光過敏症の患者さんがとても多かったように記憶しています。(雲南は高地で紫外線も強いため)
 現在は中国でも生活習慣が欧米化しており、蕁麻疹やニキビの患者さんがとても増えていました。原因は生活習慣や食習慣が大いに関係している様です。
 漢方医も、食事指導は全ての患者さんに説明していましたからね。ニキビの患者さんには「油ものを控えるように」とか蕁麻疹の患者さんには「お風呂はぬるま湯で短時間に」とか「刺激物を食べないように」との注意です。
 特に、驚いたのはシミの悩みを持つ女性が多かったことです。

アナ: これは万国共通の悩みですね。シミは女性にとって一番気になる事ですからね。

藤村: そうですね。シミは顔の皮膚表面に出るので、直接見えますからね。
 今回の研修で学んだことは、生活習慣や食生活で体のバランスを崩すと体のどこかにSOSのサインが出てくると言うことです。
体のバランスを保つために、皮膚の養生としては食事・スキンケアが大切です。そして体のサイン(皮膚トラブル)が出たときには、しっかり漢方薬を飲んで根本から体を治すことをオススメします。
 しかし、漢方薬だけしっかり飲んでも食養生が出来ていなければ繰り返し皮膚の症状は出てくることになります。患者さんの「治そう」とする意識がとても大切になります。
 すぐ改善が見られる方もいらっしゃいますし 1年を通じて季節に影響される方もおられます。
皮膚は「良くなったり悪くなったり」を繰り返しながら、少しずつ改善していきます。

アナ: 皮膚は改善と悪化の繰り返し…というのは忍耐が必要ですね。
悪くなれば気持ちが落ち込みますね。 良くなると信じて続けることが大切なんですね。

藤村: そうです。我慢強く続けることが大切です。体の中から治すには食養生とスキンケアと漢方薬です。
 詳しくは4月18日のセミナーに皮膚病専門の講師である、楊 達先生が来られます。ニキビやアトピーなど皮膚のトラブルでお困りの方は当日、受付もありますので、ぜひセミナーにご参加ください。

第5回セミナー
「皮膚のトラブル-キレイな肌を取り戻す!-」の詳細・お申込は下のバナーをクリックして下さい。


当日は講演のほか、質問コーナーや皮膚のトラブルを改善するプレゼントの抽選会などを予定しております。
来場プレゼントもございます。お楽しみに♪
(当日受付の場合は、来場プレゼントなど無くなる場合もありますので、出来るだけ事前申込みされることをオススメします。)

第5回バナー

アナ:セミナーのお問い合わせ・お申込は、パンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店、もしくは漢方健康日記セミナー事務局 095-883-4300へどうぞ。漢方健康日記のブログからもお申込頂けます。今日のお話は藤村薬局本店の藤村智代さんでした。ありがとうございました。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送り致しました。
| 中国研修の模様 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.nagasaki-panda.com/trackback/1169830
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH