漢方健康日記 第162回「「妊活」における漢方の役割について」のお話


5月24日 「妊活」における漢方の役割についてのお話
実際の放送とは違いがある場合があります。


アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は日本中医薬研究会専任講師 陳志清さんです。宜しくお願いします。今日のお話は?

陳: はい、この頃、「就活」、「婚活」の如く、「妊活」という言葉がひそかに流行っていますね。先日長崎県美術館において、「妊娠力を高める!」セミナーが開催されました。そのセミナーの内容を踏まえて、今日は「妊活」における漢方の役割についてお話したいと思います。

アナ: 妊娠を目指す「妊活」に関心を持つカップルが増えているそうですが、「妊娠力」に影響を与える素因は何でしょうか?

陳: まずは、年齢ですね。女性は35歳を過ぎたら、妊娠力は徐々に低下してゆきます。従いまして、「妊活」は早い内に始めた方がよいと思います。

アナ: そうですか?月経がある間は何時でも妊娠できると思っている女性が多いようですが、それは正しくないんですね。

陳: 理論的には月経があれば妊娠が可能ですが、実際は40歳過ぎたら妊娠が難しくなります。もちろん、「妊娠力」の問題は年齢だけではありません。若くても、なかなか妊娠できない人もいれば、逆に40過ぎても妊娠出産する人も少なくありません。妊娠できるかどうかは、やっぱり個々の身体の状況によります。

アナ: 妊娠しにくい身体かどうかは、病院に検査に行かないと分からないんですか?

陳: そうですね、不妊の原因を調べるには、幾つかの検査方法がありますが、実際にいくら検査しても原因が分からない場合もあれば、複数の原因が絡みあっている場合もあります。病院に行く前にまず自分で体調をチェックしてみてよいと思います。

アナ: 自分でも分かるような妊娠力の判断方法はありますか?

陳: はい、幾つかのチェックポイントがあります。正常の生理周期はだいたい28日前後ですが、例えば、生理不順の場合、月に2回とか、二月に一回とか、不規則な場合は妊娠しにくくなります。その他、生理痛がひどい人、冷え性、肥満、喫煙、夜勤の多い人は妊娠力に問題が生じやすいです。排卵期の特徴的なオリモノがまったくない、或いはにおいのきついオリモノが時々出る場合も妊娠力低下の可能性があります。

アナ: なるほどですね。セルフチェックして、気になるところがあれば、専門家に相談して対策をとったほうがよいですね。

陳: 仮に病院の検査で異常が見つからなくても、このようなセルフチェックに該当のものがあれば、積極的に早めに対策をとったほうがよいでしょう。

アナ: もし、生理不順や生理痛、冷え性などがある場合、漢方には有効な方法はありますか?

陳: はい、漢方は主に女性の生理機能の基本である血を補いながらめぐらせて、更に卵巣の機能を支える補腎薬を使って対応します。同じ生理不順でも体質のタイプによって使う薬が違ってきますので、まずは漢方に詳しい専門家に相談してください。

アナ: 不妊の原因は半分ぐらい男性側にあるといわれていますが、男性不妊に対して、漢方は対応できるんですか?

陳:  はい。実は男性不妊に対しても漢方薬の効果がかなり期待できます。男性不妊は主に精子の数が少ない、運動率が低い、奇形精子が多い、性機能障害などのケースがあります。一部の重症を除いて、殆ど漢方薬で改善できます。なお、精子精液の問題を改善するには、生活面の養生も大切です。例えば、過度なアルコール摂取や、サウナ好き、肥満などは男性の皆さんに気をつけていただきたいものです。

アナ: 流産を繰り返す方に対して、漢方は何かよい方法がありますか?

陳: 流産の予防は妊娠前から対策をとることが大切です。漢方では、まず元気な精子と卵子を作れるような体質を改善する補腎薬と、妊娠後は胎児の成長を助ける健脾薬を使います。流産にもさまざまな原因があるので、それぞれのケースに応じて更に薬をアレンジします。個々の体質を重要視しますので、やはり専門家のアドバイスの下で漢方を取り入れていただきたいと思います。

アナ: なるほどですね。今日は妊娠力のセルフチェックや男性不妊及び流産の漢方薬の対応について陳志清さんに話しを伺いました。
アナ: 次回の放送は6月14日、第二木曜日。担当は長崎市西山の山中薬局、山中みちよさんです。今日のラジオの内容は漢方健康日記のブログでも読むことが出来ます。「漢方健康日記」で検索して下さい。このコーナーは店頭のパンダが目印の、長崎中医薬研究会がお送りいたしました。

JUGEMテーマ:健康


| 「妊娠力を高める!」セミナー | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
妊娠力セミナー 終了しました
「妊娠力を高める!」セミナー、無事終了致しました。
ご来場頂いた皆さまありがとうございます。
なお、この模様は後日ホームページにアップ致します。
楽しみにお待ち下さい!
| 「妊娠力を高める!」セミナー | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「第5回 妊娠力を高める!」セミナー開催!
毎回大好評の「妊娠力を高める!」セミナー。
今年で5回となり、毎年多くの方にご来場頂いています。

 今、子宝が授からず悩んでいるカップルは10組に1組。一説には6組に1組という報告もあります。
「そろそろ子供を…」と思って1年経っても授からない場合は、妊娠しづらい何らかの原因があると考えます。「生理があれば大丈夫」ではないのです。
また、不妊原因の40%は男性側にも問題があると言われています。

今回は漢方のスペシャリスト・陳志清先生をお迎えし、2人で身体を調えて妊娠力を高める方法を分かりやすくお話し頂きます。
陳先生は、臨床経験も豊富で様々な雑誌などの監修・アドバイザーとしてもご活躍中。
過去のセミナーでも「大変分かりやすい」「日本語がとても上手で聞きやすかった」など人気の先生です。

今回は「妊娠力を高めるお話し」のほか、流産を繰り返す「不育症」や男性不妊のお話しなど盛りだくさんの内容です。

セミナーの詳細は「妊娠力を高める!」ホームページをご覧下さい。

| 「妊娠力を高める!」セミナー | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ご来場ありがとうございました
第10回漢方健康日記セミナー「妊娠力を考える!」は盛況のうちに終了致しました。
たくさんの方にご来場頂きましてありがとうございました。

質問コーナーでは多くの質問があり、佐藤先生・陳先生に一つ一つ丁寧にお答え頂きました。
詳しくは、後日こちらのページでもレポート致します。
今しばらくお待ち下さい。

| 「妊娠力を高める!」セミナー | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第143回「妊娠力を考える!セミナー」のお話
 『漢方健康日記』原稿 7月26日「妊娠力を考える!セミナー」のお話
漢方健康日記原稿です。実際の放送とは違いがある場合があります。

20110726陳先生

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。
普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。 
今日は日本中医薬研究会専任講師 陳 志清さんにお話を伺います。さて、今日のお話は。

陳:7月24日に長崎中医薬研究会主催、NPO日本不妊カウンセリング学会後援の「妊娠力を考える」セミナーが行なわれました。
日本は少子高齢化社会に入っていますが、一方で子供が欲しくても中々授からないカップルも増えています。
今日はセミナーの内容を踏まえて、「どうしたら妊娠力をアップすることができるのか」をお話ししたいと思います。

アナ:不妊で悩んでいるカップルが増えているということですが、その背景は何でしょうか?

陳:まず、晩婚に伴う妊娠出産の高齢化が原因の一つだと考えられます。
女性の生理機能から言うと、20歳代が一番妊娠しやすい時期で、30歳代半ばからは妊娠力が徐々に衰えていきます。しかし、若い間は仕事や夫婦での時間を優先したりして、一番妊娠しやすい時期を逃してしまうと、不妊の予備軍に入ってしまいます。
また、生理がある間は何時でも妊娠できると思っている方も少なくありませんが、実際は30代後半から、子作りをいくら急いでもなかなかうまく行かないのが現状です。

アナ:やっぱり年齢が一番大事なんですね。

陳:そうですね。もう一つは、セックスレスや夜遅くまでの仕事・夜更かしで、自然妊娠には不適切な生活スタイルも影響していると思われます。

アナ:なるほど。しかし自然妊娠は難しくても体外受精など不妊治療によって、お子さんを授かることができるようになっていますが、いかがでしょうか?

陳:確かに、高度生殖補助技術はものすごい進歩と実績を積んできましたが、あくまで生殖の補助技術であって、「できれば自然妊娠の方がいい」と思っている人が圧倒的に多いでしょう。
まして、技術は素晴らしいですが、成功率が良くて30%前後と必ずしも高いとはいえないのが現状です。

アナ:そうですか。では、どうしたら妊娠力を高めることができるのでしょうか?

陳:自然妊娠にせよ、体外受精にせよ、成功の鍵は個々の体質にあります。自分の体質・体調を整えておくことが妊娠力アップに繋がります。

アナ:妊娠力アップに対して、漢方はどんな対応をするんですか?

陳:漢方は、個人の体質体調を非常に重要視しています。
不妊原因によって、漢方の対応が違いますが、たとえ同じ病名でも、冷えやほてり、ストレスなど患者さん1人1人の体質によって、お薬が変わります。
近年、漢方の理論と西洋医学の理論に基づいて考案された漢方の「周期調節法」という方法が注目されています。

アナ:「周期調節法」ですか。もう少し詳しく教えて頂けますか?

陳:月経周期を月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に分けて、それぞれの時期の体の生理的特徴とホルモンのリズムにあわせて漢方薬を飲み分けます。

アナ:漢方だけで、不妊治療ができるのですか?

陳:場合によって様々です。原因不明の機能性不妊や、精子の数が少ない、運動率が低いなどといった男性不妊には漢方薬での改善が期待できます。
子宮筋腫やポリープ、子宮内膜症、卵管の癒着などの器質性の病気がある場合は、西洋医学の治療との併用をお勧めします。
いずれにしても、漢方は体質を改善して「本来持っている妊娠力」を最大限に引き出すお手伝いをします。

アナ:体外受精など不妊治療をする場合でも、漢方を併用するメリットがありますか?

陳:はい。まずは、心身を整えて治療に臨むことで、成功率アップに繋がります。
また、不妊治療に使われるお薬の副作用を軽減することができます。
例えば、排卵誘発剤による基礎体温の上昇、子宮内膜が薄くなる、オリモノの減少、情緒の不安定、吐き気、頭痛、腹脹腹痛、体のほてりなどの諸症状を緩和することが出来ます。

アナ:漢方は長期に服用しないといけないですか?

陳:月経痛などは、わりと短期間でも改善しますが、全体の体質改善には、時間がかかります。
また、卵子や精子の発育にはおおむね3ヶ月ぐらいかかりますので、漢方薬の服用は少なくとも3ヶ月を一つの目安にして続けて下さい。

私どもの経験ですが、不妊治療の併用も含めて漢方の服用で自然妊娠した215例の内訳を見てみると:7割強の方は1年以内に、9割の方は2年以内に妊娠したことが分かりました。
若い方でも2年以上漢方を服用し続けても妊娠に至らない場合は、「自然妊娠できない何らかの原因」があると考えて方針を見直したほうがよいと思います。
(高齢の場合は、早めの見直し・不妊治療のステップアップが必要です。)

アナ:漢方では薬以外に生活習慣も重要視すると思うのですが、妊娠力をアップするために、漢方薬以外に何かご提案がありますか?

陳:まずは、夜更かしはしないこと。
夜更かしは女性のホルモン分泌のリズムを乱してしまう恐れがあります。
2つ目は、バランスの取れた食事に心がけましょう。栄養の過不足による肥満とやせすぎは、どちらも不妊の原因になります。
3つ目は、体を冷やさないことようにしましょう。
4つ目は、適度な運動をすること。
5つ目は、ストレスをためないこと。6つ目は、禁煙節酒をしましょう。
最後に強調したいのは、妊娠力というのは、女性だけの問題ではなく、カップルの総合力なので、男性も自覚と責任を持って、奥様と一緒に頑張っていただきたいと思います。

アナ:ありがとうございました。次回は8月16日、担当は山中薬局の山中みちよさんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りいたしました。

20110726放送風景




| 「妊娠力を高める!」セミナー | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「妊娠力!」セミナー お申込受付中
妊娠力4申込バナー

「妊娠力を考える!」セミナー。
いよいよ、今週末の日曜日に開催です!

システムの不具合により、ホームページ上からのお申込が出来なくなっておりました。
申し訳ありません。
現在、改善してお申込できるようになっております。
こちらよりお申し込み下さい。

佐藤孝道先生、陳先生と不妊症の専門家の先生のお話を長崎で聞ける
めったと無い機会です。

気になっておられる方、いまからでもお申込は間に合いますので、ぜひお越し下さい!。

当日は講演のほか「妊娠力」と体質をcheck! 出来たり、試飲や
質問コーナー、女性の宝「婦宝当帰膠」の引換券などが当たる抽選会も
企画しております。
ご来場を心よりお待ちしております。

セミナーの詳細は→http://kodakara.nagasaki-panda.com/?eid=1509878
セミナーのお申込は→http://kodakara.nagasaki-panda.com/?eid=1509880

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メールやインターネットでお申込頂いた皆さまへ。
システムの不具合により、ご返信が出来ていない事例がでてきております。

事務局側から「申込受付完了」のメールが届いていない場合は、お手数をおかけしますが、
kodakara@nagasaki-panda.comまでご一報下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
| 「妊娠力を高める!」セミナー | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第4回「妊娠力を考える!」セミナー開催
妊娠力4申込バナー
 毎回大好評の「妊娠力!」セミナー。
今年で4回と回数を重ね、毎年多くの方にご来場頂いています。

 今、子宝が授からず悩んでいるカップルは10組に1組。
一説には6組に1組という報告もあります。
働く女性が増えた事で、晩婚化や結婚しても数年間避妊を続ける方も多い時代。
「そろそろ子供を…」と思って1年経っても授からない場合は、妊娠しづらい何らかの原因があると考えます。
「生理があれば大丈夫」ではないのです。
また、不妊原因の40%は男性側にも問題があると言われています。

今回は西洋医学の視点から、不妊症や遺伝学・出生前診断などがご専門の産婦人科医・
佐藤孝道先生と、漢方のスペシャリスト・陳志清先生をお迎えします。
不妊治療、妊娠しやすい身体づくり…などそれぞれの分野から「妊娠力」に関して
分かりやすくお話し頂きます。


そろそろ授かりたいと思っている方、なかなか結果が出ない方、不妊治療中の方、
見守っているご家族の方…。
どなたでもお気軽にご参加下さい。

日時:2011年7月24日(日) 13:00〜16:00 (開場12:30)
会場:長崎県美術館 2階ホール 
アクセス:
 路面電車 市民病院前電停  徒歩2分
      出島電停 徒歩3分
 バス   新地バスターミナル 徒歩5分
      大波止バス停     徒歩8分
講師:
 佐藤 孝道先生
   (前 聖路加国際病院女性診療部部長・生殖医療センター長)
 陳 志清 先生
   (中医学講師、薬学博士・不妊カウンセラー)
主催:長崎中医薬研究会
後援:NPO法人 日本不妊カウンセリング学会
入場無料(事前申込制) 先着80名様
入場券が必要ですので、事前にお申込ください。

詳細・お申込はこちらからどうぞ。


当日は、試飲会や質問コーナー、「妊娠力」のアップ&改善に役立つ商品の抽選会などを
予定しています。
ぜひ、ご参加下さい。
| 「妊娠力を高める!」セミナー | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「妊娠力を高める!」セミナー終わりました
8月29日、第3回[妊娠力を高めるセミナー]が無事終わりました。
たくさんの方がセミナーにおいで下さいました。
暑い中、ご参加頂きましてありがとうございました。

妊娠力セミナー終了後
<劉伶先生と長崎中医薬研究会のメンバー>

参加された方は自分自身の体質チェックをしてご自分にあった漢方薬を試飲されていました。
頂いたアンケートは「勉強になりました」と言う意見が多く、ミンナで喜びました。

セミナーの模様は、後日こちらのページでもレポート致します。
upまで今しばらくお待ち下さい。

ちよさんでした


| 「妊娠力を高める!」セミナー | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
第3回「妊娠力を高める!」セミナーのご案内

第3回セミナーバナー

毎回大好評の長崎中医薬研究会「妊娠力を高める!」セミナー。
ご要望にお応えして、第3回開催の運びとなりました。

今、不妊で悩んでいるカップルは10組に1組。
一説には6組に1組とも言われています。
 働く女性が増えた事で、晩婚化や結婚しても数年間避妊を続ける方も多い時代。
「そろそろ子供が欲しい…」と思って1年経っても授からない方は、妊娠しづらい何らかの原因があると考えます。「生理があれば大丈夫」ではないのです。

 また、不妊原因の40%は男性側にも問題があるといわれています。
最近では若い男性でも性欲低下、精子数が少ない、運動率が低い…など
「若腎虚」の症状がよく見られ、妊孕力(妊娠させる力)の低下につながっています。
 子宝は、お二人の健康があって初めて授かるものです。

今回は劉伶先生をお迎えし、西洋医学と東洋医学の特性を生かした
「周期調節法」で身体を調え「妊娠力を高める」方法を例を挙げながら、
分かりやすくお話し頂きます。
 そろそろ授かりたいと思っている方、なかなか結果が出ない方、不妊治療が辛い
方、見守っているご家族の方…。
 雑誌でも注目を集めている「漢方での妊娠しやすい身体づくり」のお話しを聞きに
ぜひお越し下さい!


あなたの「妊娠力」と体質をcheck!
試飲や質問コーナー(事前受付)抽選会などもありますよ♪
参加者代表の方には、カワイイパンダの「宝杯」を差し上げます!


日時:2010年8月29日(日) 
    13:00〜15:30 (開場12:30)
会場:長崎市立図書館
    (1階 新興善メモリアルホール)
図書館地図(小)
上の地図のクリックすると、会場付近の地図が開きます。


交通機関:
 JR長崎駅より車で5分
 路面電車 五島町電停下車 徒歩7分
 路面電車 桜町・賑町電停下車 徒歩5分
 バス 興善町バス停下車 徒歩1分


講師:劉 伶 先生
     (中医学講師、医学博士、不妊カウンセラー)
 「漢方で妊娠しやすい身体づくり!
   -あなたの身体に合わせた周期調節法を!-」 

   
入場無料(要:入場券)先着80名様で締め切ります。
ぜひ、パートナーと一緒にお越し下さい。
入場券が必要ですので、事前にお申込ください。
お申込はこちらから。


| 「妊娠力を高める!」セミナー | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
始まりました

沢山の参加者です。

| 「妊娠力を高める!」セミナー | 13:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH