2010年不妊症中国南京研修
2010南京研修01
10月10日から15日まで、中医不妊症専門講座・南京研修に参加しています。
ここ、南京中医薬大学には周期調節法の権威、夏桂成先生がおられ、中国全土から(時には海外から)多くの不妊症で悩まれている方が集まっています。
今回も、中国で沢山のことを勉強しています。長崎からは2店、3名が参加しています。
また、こちらのページでもご紹介させて頂きますね。


| 中国研修の模様 | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記第112回 中国・皮膚病研修報告
『漢方健康日記』原稿 4月14日

アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市の藤村薬局本店の藤村智代さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は?  

100414藤村先生
                          
藤村: 今日は、3月に皮膚病研修に参加をしてきました。その時の様子をお話したいと思います。

アナ: 皮膚病研修はどちらに行かれたのですか?

藤村: 中国の雲南中医医院で研修してきました。今年で4回目になります。

アナ: 中医医院と言うと漢方の病院ですか?

藤村: 漢方専門の病院です。そこの外科、漢方では皮膚科も外科に入るのですが、そこで「臨床の現場」を見学させて頂きました。



アナ: 「漢方専門の病院」と言うと、なかなか想像が付きませんが、日本の病院とはどんな違いがあるのですか?

藤村: まず外来患者さんが入ってこられ、漢方医に皮膚の症状と体調を伝えます。
漢方医は症状を素早くチェックして脈を診ます。脈を診ながら問診し、舌の状態を確認(舌診)します。その進み方がとてもスムーズでドンドン診察が進んで行きます。

 ドアは常にオープンなので廊下から別の患者さんも部屋に入って来て…、とても日本では考えられない光景です。
漢方医には2人の助手がついていて処方をドンドン記録しています。漢方医は助手に指示を出してとても忙しいですね。

アナ: 他の人が入ってくるなんて、プライバシーとは無縁ですね。でも、それほどの患者さんを診察する漢方医はすごいですね。1日に何人ほどの患者さんを診られるのでしょうか?

藤村: そうですね。午前中だけで50人以上のようでした。
 我々研修生は、患部の症状や舌診を見逃さないように。また、漢方医の診断を聞き逃さないように真剣に耳を傾けて観察しました。
 舌は私たちも良く見ます。舌の色や苔の状態で、体全体の気・血・水のバランスを見る為です。皮膚病は、「気血水のバランスの乱れが続いた結果が皮膚に表れたもの」と考えますから、バランスを調えることは大切です。
 今年の外来の傾向としては、蕁麻疹の患者さんが多かったこと。後はニキビ・シミの女性が多かったですね。  

アナ: 中国の方も傾向としては何か変化があるのでしょうか?

藤村: はい。去年も参加させて頂きましたが、去年は日光過敏症の患者さんがとても多かったように記憶しています。(雲南は高地で紫外線も強いため)
 現在は中国でも生活習慣が欧米化しており、蕁麻疹やニキビの患者さんがとても増えていました。原因は生活習慣や食習慣が大いに関係している様です。
 漢方医も、食事指導は全ての患者さんに説明していましたからね。ニキビの患者さんには「油ものを控えるように」とか蕁麻疹の患者さんには「お風呂はぬるま湯で短時間に」とか「刺激物を食べないように」との注意です。
 特に、驚いたのはシミの悩みを持つ女性が多かったことです。

アナ: これは万国共通の悩みですね。シミは女性にとって一番気になる事ですからね。

藤村: そうですね。シミは顔の皮膚表面に出るので、直接見えますからね。
 今回の研修で学んだことは、生活習慣や食生活で体のバランスを崩すと体のどこかにSOSのサインが出てくると言うことです。
体のバランスを保つために、皮膚の養生としては食事・スキンケアが大切です。そして体のサイン(皮膚トラブル)が出たときには、しっかり漢方薬を飲んで根本から体を治すことをオススメします。
 しかし、漢方薬だけしっかり飲んでも食養生が出来ていなければ繰り返し皮膚の症状は出てくることになります。患者さんの「治そう」とする意識がとても大切になります。
 すぐ改善が見られる方もいらっしゃいますし 1年を通じて季節に影響される方もおられます。
皮膚は「良くなったり悪くなったり」を繰り返しながら、少しずつ改善していきます。

アナ: 皮膚は改善と悪化の繰り返し…というのは忍耐が必要ですね。
悪くなれば気持ちが落ち込みますね。 良くなると信じて続けることが大切なんですね。

藤村: そうです。我慢強く続けることが大切です。体の中から治すには食養生とスキンケアと漢方薬です。
 詳しくは4月18日のセミナーに皮膚病専門の講師である、楊 達先生が来られます。ニキビやアトピーなど皮膚のトラブルでお困りの方は当日、受付もありますので、ぜひセミナーにご参加ください。

第5回セミナー
「皮膚のトラブル-キレイな肌を取り戻す!-」の詳細・お申込は下のバナーをクリックして下さい。


当日は講演のほか、質問コーナーや皮膚のトラブルを改善するプレゼントの抽選会などを予定しております。
来場プレゼントもございます。お楽しみに♪
(当日受付の場合は、来場プレゼントなど無くなる場合もありますので、出来るだけ事前申込みされることをオススメします。)

第5回バナー

アナ:セミナーのお問い合わせ・お申込は、パンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店、もしくは漢方健康日記セミナー事務局 095-883-4300へどうぞ。漢方健康日記のブログからもお申込頂けます。今日のお話は藤村薬局本店の藤村智代さんでした。ありがとうございました。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送り致しました。
| 中国研修の模様 | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
皮膚病研修
皮膚病研修日記in雲南

皮膚病研修では去年と同様
‘院患者さんの症状と治療方針を説明していただく。
 
 入院患者さんは日本から来ている私たちに対してもとても好意的で
 病状の説明もして下さり質問にも親切に答えて下さいました。
 心より感謝しています。

外来の見学

H乕翩造旅峙

一緒に研修を受けた仲間の先生方(A班)です。


今回 初めての試みは中医美容の見学と体験でした。
S先生と私が体験させていただきました。
体験談は次回に・・・



| 中国研修の模様 | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
皮膚病研修
皮膚病研修日記in雲南

3月17日から22日まで雲南に皮膚病研修に行ってきました。
福岡からの参加は長崎中医薬研究会から朱雀薬局 古川先生と私 藤村薬局本店の藤村と 福岡支店の中医師 韓先生の3人でした。
福岡から上海経由 昆明へ。
昆明の空港に着いて早速両替!
そこで関空からの先生方と合流。
18日から雲南中医医院で研修です。

| 中国研修の模様 | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
09年 山東不妊症研修
今年の中医婦人科・不妊症研修(11/18〜23)は、山東省の省都・済南の山東中医薬大学附属病院に行ってきました。
長崎中医薬研究会からは、龍虎堂薬局の2名が参加しました。

09山東研修01

 こちらの生殖センターは、中医薬系の附属病院では中国政府が許可した唯一の生殖補助医療(ART)の実施施設でもあります。
中医学・漢方薬で身体づくりしながら、人工受精や体外受精を併用し成果を上げています。
 センターのマークは、左に精子が、中央には受精卵が描かれ、生殖医療そのものでインパクトがありました。

 センター長の連方教授の臨床研修と講義、病棟見学をさせて頂きました。また新たな発見があり、とても収穫の多い研修になりました。
09山東研修02
| 中国研修の模様 | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
研修が始まりました!
天津・男科研修、3日目。
中国・ひいては世界の男科の第一人者である、曹開よう(金へんに庸)先生が設立された個人病院「曹開よう中医男科医院」にて病院研修が始まりました。

曹中医男科医院

朝8時半からお昼までの臨床見学と、昼食休憩(1.5時間程度)を夕方5時半まで計9時間。朝から晩までみっちり研修です。

曹開よう先生は天津を始め、中国国内やタイに系列病院を抱え、今日は天津。明日は北京と国内外を飛び回っておられます。
先生の所には男性不妊を始め、性機能障害・前立腺疾患など、男性病を抱えた多くの患者さんが来られます。
先生の所で、2万人以上の赤ちゃんが誕生し、「送子観音」とも呼ばれているそうです。

曹開よう先生曹開よう先生

くろねこママの班は、先生そばでの臨床研修がありました。約1時間半で4〜50人。
患者さんが着席したので、ノートに名前を書き出して顔を上げたら次の人が座っている…
ということもあり、入れ替わり・立ち替わり、患者さんがめまぐるしく押し寄せてきて、最後は目が回るほどだったとか。
それなのに、先生は一つも疲れることなくにこやかに元気に診察されていたそうです。

くろねこの班は明日の朝からの研修です。
百聞は一見にしかず。その先生のみなぎるパワーをぜひ体感してきたいと思います。
連日で疲れが出てきているのか、記事を書きながら船をこいでいます。(笑)
続きは次回に!





| 中国研修の模様 | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天津到着!
中部国際空港を出発して、1800km。
3時間弱で今日の午後、全員元気に?4月28日にオープンしたばかりの新・天津国際空港に着きました。
天津の街は少し蒸し暑く、埃っぽい! そして空は灰色! 
黄砂の時期は更にひどく、空港が閉鎖になることもあるとか。

今日はメーデーで中国国旗や赤い旗がそこかしこでヒラヒラしています。
アカシアの街路樹は白い花が満開の房をつけ、桐の薄紫の花が咲き乱れています。
租界(外国人居留地)といえば、上海が有名ですが、天津にも租界街があり、「世界の古い建物博物館」とも言われているそうです。
古いしゃれた洋風のビルも多く、そのなかに高層ビルもあちこちに見られます。

天津・租界街

ホテルの11階の部屋の窓から、5〜6人の人が20階のビルの屋上看板を掛け替えている作業?が見えますが、みんな命綱ナシ!!
恐ろしい光景が広がっています。

部屋でしばし休憩し、ホテルの周りを散策。
本場の天津甘栗と、漢方薬にもなる竜眼肉を買い、食べながら小一時間ほどぶらぶらしました。本場の甘栗は日本で食べるものよりおいしく、竜眼肉もほんのりした甘さで仲間内でも大好評でした。

「自転車の国・中国」だったのも、今は昔。 
市内にはどこも車があふれ、クラクションと車の渦です。
青信号でも、気をつけて渡らないと、たまに信号無視して出てくる車が…。
他の都市ではここまでのことは無かったので、少し驚きましたが、この国の道路事情は基本「自分の身は自分で守りましょう」。
“緊張感”を持って横断歩道や車道を横切るとき、「中国に来たな〜」という実感が沸きます。(笑)

夕方からテレビ塔を観光し、晩ごはんは餃子で有名な店で夕食。ブッシュ夫人も来たところとか…
100種類もの餃子があるそうで、ニラと豚、牛肉と人参、セロリ、香菜、アワビと??、白菜と豚の組み合わせなど、圧巻はカニ味噌餃子でした!

メーデーの関係で、中国は5/1〜3は連休らしく、スケジュールのやりくりで明日は1日観光です。(いつもは大体お勉強が先)
また、ご報告します。

くろねこママ&くろねこ 記
| 中国研修の模様 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
男科研修に行って来ます

只今@中部国際空港・セントレア です
今日から くろねこ&くろねこママは 中国・天津に男科研修に行って来ます

「男科」というのは 日本人には聞き慣れませんが 「男性科」の事
中国では「婦科(婦人科)」と「男科(男性科)」があります
性差があるので あって当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんね

天津には男科の第一人者 曹開よう(金へんに庸)先生がおられます
そちらの男科専門病院にて 男性不妊症・性機能障害・前立腺疾患など 男科疾患の勉強をしてきます

今日の天津は 最高34℃とかなり暑そうです
また ご報告しますので お楽しみに☆

| 中国研修の模様 | 10:16 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修 4日目
年度末で忙しくてなかなかブログが書けずに雲南の研修の更新が滞ってしまいました

それでは4日目〜の様子をお話しましょう。

4日目の朝です。
暑いと聞いていたのですが朝は清清しい感じです。
ホテル
ホテルの窓からの風景です。
公園の中にあるホテルなので回りは樹木がきれいです。
コテージなどもあるようです。
家族でゆっくり来るといいかも、、、、

今日はガンランバ熱帯植物園の見学です。
生薬の解説のために叶副院長が案内にシーサンバンナの病院で勤務されている中薬師の先生方を手配していただきました。
先生方
熱帯性の生薬の研究をされている張先生、紅先生、徐先生です。

これから3時間以上かかるそうです。
昨日も遅かったしバスの中でゆっくり寝ていこう
とそのときは思っていました、、、そのときまでは

町並み
シーサンバンナの町並みです。
やはり南方に来た感じです
なんか沖縄にいるみたいな感じです。

メコン川
大きな川を渡ります。

なんとメコン川です。中国名 澜沧江
この川チベットを源流として雲南まで流れ
これからミャンマー、ラオス、タイと
延々と流れてベトナムまで流れていくのかと思うと
スケールの大きさに圧倒されます。

地獄の黙示録を思い出してしまいました。

さてバスは郊外に出て走って行きます。
最初は広くていい道だったのですがだんだん山道になって行きます。
これからゆっくりバスの中で寝とこうと思ったら

ガタガタ

ガタガタ

結構道路が悪くて揺れがひどい

ドーン
ドーン

身体がバスの天井に当たりそうなぐらい揺れます

それでもバスは結構なスピードで飛ばして行きます

追い越し

その上、追越までしていきます。
追い越すときはクラクションを鳴らすので
揺れるしうるさいしとても寝るどころではありません

車列

車の量も多くこれで事故が起こらないのが不思議

だと思っていたら途中で荷物満載のトラックが脱輪していました

2時間ほど走って休憩です
町の市場の見学です
市場
結構でかい市場です
輪タク?
市場の周りには東南アジアでよく見る輪タクが市民の足のようです。
市場
結構大きな市場です。
いろんなものが売られています
市場
大きなサヤエンドウのようなもの
干し柿のような感じの果物です
市場
派手はタイ風の服地が多く売られてました

市場
コブラに蛙いかにも効きそうな薬のパッケージ

市場
市場
市場で遊んでいた子供
子供は万国共通で可愛いです
中国の子供服はお尻の部分がぱっくり開いてます
トイレのときいちいち脱がなくても出来ます。
でも冬は寒そう、、、
市場
北京ダックならぬ雲南ダック
名物だそうです
市場
お魚は新鮮です。生きてました

さあ、市場を後に出発です。
市場
途中、お魚の養殖池が広がってました
市場で生きた新鮮な魚があったのはここで養殖しているみたいです。

さあ熱帯植物園に到着です
植物園
入園するとすぐに売店が広がってます。
色とりどりのフルーツが並んでます。
ほんと南国気分。
植物園
パイナップルがめちゃウマです。
植物園
みんなかぶりついてます。
楊先生も遠足気分?
植物園

カートに乗って園内を回ります
植物園
植物園

秋篠宮様がお手植えになられたそうです。
あのすごい道を宮様も車でこられたのでしょうか?
植物園
さすが南方です。日頃見ないような植物が一杯です

ガイドさんは一生懸命案内されるのですが
私たちは薬草関係の植物で時間を食うので時間が押して大変そうです。
薬草も日本では見ないものが多いので皆さん興味津々です。
植物園
植物園
板藍根と書いてあります
皆さんおなじみの板藍のど飴の原料です。
でも、板藍根は根っこの部分のことですから
葉っぱは大青葉という別名の生薬なのですが
植物の案内表記としてどうなんでしょう?

植物園
葉っぱの中に蟻の巣がありました。
葉っぱを合わせて巣になってます。

植物園
植物園
風景を見てるとほんとに南方に来たな〜という気がします。

つづく














| 中国研修の模様 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雲南皮膚病研修3日目ー3
街中を散策して頭をすっきりさせたところで
午後からは講義の時間です。
講師は昨日、診察でお世話になった黄先生です
昆明研修

会場は雲南中医学院の本館の会議室です。
昆明研修
新築ですごくきれいな会議室です。

昆明研修
講義のテーマーは痒みの症状に対する治療法です。
体質や症状別に対処法、治療法を教えていただきました。
勉強になります!

昆明研修
講義が終わりみんなで記念写真です。
黄先生ありがとうございました。

昆明研修
会議室の窓から見える昆明の町並みです。
一番近くは低層階の古い建物
その後ろには中層階のビル
遠くには高層ビルが立ち並び
中国の発展のスピードを感じます。
次に来るときはここから見える風景は
どうなっているのでしょう?

昆明研修
雲南中医学院の正面玄関で記念写真をパチリ。
立派な門構えで歴史ある建物のように見えますが
全体を引いてみてみると

昆明研修
チョー近代的な建物です。
建ったばっかりでピカピカです。

雲南中医学院での研修は今日で終了です。
今日は夜に西双版納(シーサンバンナ)に移動します。
食事を済ませて空港に移動です
昆明研修
夜の9時過ぎなのに空港は人人人で一杯です
昆明空港は深夜まで発着便があります。
空港の周りは市街地です。
日本だと先ず騒音問題で大騒ぎになること間違いありません。

この空港は10年ほど前に花の博覧会のために建設されたそうですが
もう手狭になったので郊外に新空港を作ってるそうです。
うーん10年で新空港を作るとはすごすぎです。
跡地にはマンションが建つとか。
今、買っておけば後で値上がりが、、、、
いけない、いけないバブルに浮かれそうです。

昆明研修
シーサンバンナの空港に着いたのは11時過ぎ。
今回の研修は遅い時間にホテルにつくのが多いです。
シーサンバンナ
新タイ園酒店です。
5つ星のホテルです。公園の中にありコテージなども有り
リゾートホテルのようです。
シーサンバンナ
お部屋もさすが5つ星きれいです。

部屋に入りホットしてさあメールチェックとブログの更新しようとすると。
えーっパソコンは部屋にあるけど自分のパソコンにつなぐ端子がない
中国語のパソコンじゃ打てないし、、
カードリーダもついてないので写真もアップできない、、、
しょうがない奥の手を使おう!

部屋のパソコンのLANケーブルを抜いて自分のパソコンにプスリ




えっ!つながんない、、、
なんかセキュリティがかかってる。
わーどうしよう、、、

しょうがないので、部屋のパソコンにケーブルを戻して
何とか検索ページからニフティのページを呼び出して
メールチェックはできたけど、、、
打てない、日本語が打てない、、、

もうやーめた!
ビールでものんで寝よっと!
冷蔵庫を開けると


無い!
ビールが無い!
なんで?
ミニバーはあるのに
無いとなると余計に飲みたくなるのが人の常
フロントに行って交渉するも埒が明かず
周りは公園でどれだけ行けばお店があるのか分からず
不満たらたらで就寝です。
おやすみなさーい。








| 中国研修の模様 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH