漢方健康日記 第284回 「夏のスキンケア」について


『漢方健康日記』原稿 8月9日
実際の放送とは異なる場合があります。

アナ: 漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。担当は長崎市元船町の藤村薬局本店の藤村智代さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は?

藤村: まだまだ暑い日が続きます。ここ3年連続で世界平均気温が過去最高だったようですね。そして今年も猛暑の予想。最高気温が35度以上で猛暑日と言うようです。もともとは30度以上が普通ですがさらに暑くなるとの事です。そこで今日は「夏のスキンケア」を紹介したいと思います。
    「中医学理論」や「中医美容理論」では人体は自然界から影響を受けやすく
    また、体の中と外とは密接な関係があると考えているので、美肌を保つためには必ず自然界の変化に応じて、体の内側・外側・両方ケアをしなければなりません

アナ: 季節に合わせてケアが必要なんですね。

藤村: それぞれの季節で違ってきますが、夏の特徴としては、気温が高く湿気が多いので、中医学では体内に余分な熱(熱毒)と湿気(湿熱)がたまりやすいと考えます。「熱毒と湿熱」が原因となって睡眠不足、口渇(口の渇き)、口内炎、食欲低下、だるい、むくみなどの症状が表れやすくなります。肌が赤くなり、吹き出物、
ニキビ、あせも、毛包炎、日光皮膚炎などが多くみられる傾向があります。
夏は特にアトピー性皮膚炎や湿疹なども悪化しやすくなります。

アナ: 夏はお肌にとっては大変な季節ですね。皮膚トラブルを防ぐにはどうすればいいでしょう。

藤村: 夏の皮膚トラブルを防ぐポイントは体の内側と外側からデトックスをすることです。体の中にたまった余分な熱毒や湿熱を出して、肌を養ってあげると言うことです。「熱毒」を取り除くことを「清熱解毒」、「湿熱」を取り除くことを「清熱利湿」と言います。「熱毒と湿熱」は体の内側と外側から考える必要があります。

アナ: 内側と外側と両方から治していくのですね。

藤村: 内側からは「熱毒」「湿熱」をためないように漢方薬や健康食品で養生をして、肌ト
ラブルを予防します。
   漢方薬では熱毒を取り除く「清営顆粒」や湿熱を取り除く「瀉火利湿顆粒」や「温胆
湯」を使います。熱中症予防には「麦味参顆粒」もお勧めです。
日本の夏には麦茶・緑豆もやし・苦瓜(にがうり)・トマト・
キューリ・スイカなど熱を冷まし,利尿作用のあるものが良いでしょう。

アナ: 外側からはどうすればいいでしょうか?

藤村: 熱毒・湿熱をためやすい環境の中では紫外線に注意が必要です。紫外線をあびすぎると、肌トラブルや皮膚病を引き起こすことがあります。それは日光が「光毒」つまり光の毒になったためです。この「光毒」に対してよく用いられる生薬は五行草・紫根(しこん)・苦参(くじん)・などが用いられます。
    お勧めは紫根や苦参等の生薬・植物が配合された瑞花路シリーズの化粧品です。
    この化粧品は皮膚を潤わすとともに皮膚の炎症を抑え肌の安定を保ちます。
    実は私もこのシリーズが大好きで瑞花露ソープで洗った後、瑞花露スプレー、
    瑞花露ローショウンを塗って最後にセサージを塗ります。このセサージ、
夏は薄めに 冬の乾燥時期にはたっぷり塗ることが肌には効果的です。
皮膚相談の方はこのシリーズを好んで使われます。
    夏は皮膚トラブルのお客様は悪化すると言われる方が多いですね。
こまめに汗を流して皮膚を清潔に保ちましょう。夏は皮膚トラ
ブルのある方は要注意です。

アナ:普段生活の中で気をつけたいことは有りますか?

藤村:はい。生ものや冷たいものの取りすぎ、冷房のかけ過ぎは、消化器系(脾胃)の働
きを弱らせ、また水分代謝が悪くなり体内に湿気を作り出してしまうので注意が必
要ですね。ストレスを避け、疲れすぎないように気をつけ十分睡眠をとりましょう。  
健康を維持するためには 生活習慣、食習慣の見直しをされるのも良いでしょう。
   症状や体質によって対応が異なりますので詳しくは長崎中医薬研究会の会員店
にご相談下さい。

アナ: ありがとうございました。次回は8月23 日水曜日、担当は長崎市西山、山中薬局,山中みちよさんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。詳しくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。

| 皮膚病・美肌・美容のお話 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第283回 「男性不妊」について


漢方健康日記原稿7月26日
実際の放送とは異なる場合があります。

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は 長与町の龍虎堂薬局、夏苅和子さんにお話を伺います。さて、今日はどのようなお話でしょうか?

夏苅:はい、今日は「男性不妊」についてお話をしたいと思います。最近、マスコミでも話題になり、不妊の約半数に「男性側の問題」があることがようやく認識されてきました。漢方での対応はもちろんですが、ご自分でも改善のために出来る事がありますのでそれをお話ししたいと思います。
 
アナ:男性側にも問題があるとは聞いていましたが半数とは…。でも、自分でも出来る事があれば嬉しいですね。では、どんな所に問題があるんでしょうか?

夏苅:それは、精子が「いつ」「どこで」造られ、どのように「保存」されているかを理解すると自ずと解決法はわかります。一つは女性の高齢化に伴って男性も高齢化しており、加齢に伴う腎の機能低下が精子力の低下に繋がっています。その上、偏食や生活習慣の悪化が精子に悪影響を及ぼしています。男性不妊の9割は精子を作る機能に問題がある「造精機能障害」で、その7割が原因不明といわれています。

アナ:7割が原因不明なんですか。原因不明でも対応出来るのですか?

夏苅:はい。中医学では原因がわからなくても症状を分析して体質を見極め、偏りを整えて正常に戻していく事が出来ます。では、精子の「いつ」「どこで」というお話しをしましょう。精子は夜寝ている間に精巣で70日間かけて造られ、精巣上皮で10〜20日の間に精子の活動性を習得し射精されます。つまり、健康な精子を沢山造るためには、精子の材料になる亜鉛などを含んだミネラルをバランスよく摂る事。精子を造る指令である男性ホルモンが十分分泌されている事。精子を造るためのホルモンは深夜11~2時が一番分泌が多いとされていますから、遅くとも日付が変わる前には寝て欲しいですね。そして製造時間である睡眠をしっかりとる事です。
アナ:材料と指令と睡眠でいいのなら簡単そうですね。でも、仕事で遅くなるとどうしても寝る時間が遅くなる方は多いと思いますが、何か方法はありませんか?
夏苅:そうですね。睡眠はいろいろな身体の不調を回復させるための大事な方法の一つです。まず睡眠の質を良くする事ですね。寝つきがいい事、グッスリ眠れる事も大切です。眠りが浅かったり怖い夢をよく見る方はご相談下さい。男性不妊で一番辛いのが「ストレスタイプ」ですね。常に緊張を強いられる社会ではプロラクチンの分泌が高まります。女性でも高プロラクチン血症になると卵胞の発育や排卵が阻害されて妊娠しにくくなるように、男性も性欲がなくなったり様々な性機能が低下します。この場合はストレスを和らげる疎肝という方法で開気丸や逍遥丸、温胆湯などを体質に合わせて飲んで頂くと改善します。

アナ:個人差はあるんでしょうが、ストレスで性機能が低下する事があるんですね。

夏苅:はい、ストレスが一番大きな問題かもしれません。一つ一つは小さくても、幾つも抱えていると心身には大きなストレスになりますから。次は「保存」場所である精巣の温度です。精子の適温は34℃といわれています。そのために製造と保管場所は体外に準備されています。最近は激辛が好き、肉好きで野菜嫌いなどで体温の高い男性が増えていて、精液量が減って濃く固くなっています。デスクワークや運転などで長時間座る仕事だと精子にとっては暑くて厳しい環境に長時間曝されるので、ますます弱ってしまいます。瀉火補腎丸で熱をさましましょう。辛いものは控えて熱をさます緑の濃い野菜をしっかり摂る事、精子を養うミネラル、つまり海草や貝類を毎日摂って下さい。反対に冷えて下痢しやすい方は精力もなく、液量は多いのですが薄くて精子も元気がありません。参馬補腎丸でお腹を温めながら精子の質を高めましょう。身体もシャキッとしますよ。

アナ: では、早く寝て野菜や海藻などをしっかり食べる事で体質改善になるんですね?

夏苅:そうですね。以前、30台の男性で、厳しい会社にいた方でストレスのために足の親指が巻き爪になり血が出て歩くのも痛い、イライラが強く帰宅後はゲームに熱中して「ご飯よ」と声をかけでも怒鳴る方がいました。もちろん性欲も全くない、と奥様が泣いていました。そんな方でも温胆湯という漢方薬でイライラはなくなり、ほてりを改善する瀉火補腎丸を併用する事でとても優しくなり夫婦仲良くなったと喜んでおられます。漢方薬は体質に合わせて一人一人対応が違いますので、詳しくはお近くのパンダのマークの長崎中医薬研究会の会員店へご相談下さい。
アナ:ありがとうございました。次回は8月9日水曜日、担当は元船町の藤村薬局藤村智代さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。詳しくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 婦人病・子宝のお話 | 12:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第282回 「暑さに備える身体の夏対策について


実際の放送とは異なる場合があります
漢方健康日記原稿7月12日山崎

アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は 大村市西三城町の山崎薬品山崎京子さんにお話を伺います。さて、今日はどのようなお話でしょうか?

山崎:はい、今日は暑さに備える身体の夏対策についてお話をしたいと思います。真夏に向けて気温がぐんぐん上昇し身体が暑さに慣れなくて熱中症にかかる人も多くなります。本格的な暑さに備え今から夏の養生をしっかりしていきたいですね。
 
アナ:夏の養生対策としてどんな事に気を付けたらいいでしょうか?

山崎:夏は血液の巡りが盛んになり、心臓が活発に働く季節です、暑さで沢山の汗をかくと体内の水分やエネルギーを消耗し血が濃縮してドロドロ血になりやすく
心臓に負担がかかり疲労を招きやすいです。

アナ:心臓に負担がかかるとからだにどんな症状がでますか?

山崎:まず、症状として動悸や息切れ、不整脈、疲労感といった不調が起こりやすくなります、心臓の働きが弱くなると、脳に十分な血液、栄養が送られず頭がぼーっとするなど症状が現れます。生活習慣病である高血圧、狭心症、動脈硬化などの人は特に注意が必要です。
もう一つ大切なことは胃腸は余分な水分や冷えに弱く食欲不振や消化不良を起こしやすいので体内にこもった過剰な熱と余分な水分、老廃物を上手く取り除くことです。身体にこもった過剰な熱は、熱中症やイライラ、不眠を招きやすく、体力や精神を消耗し夏バテの原因になりやすいです。

アナ:夏バテをおこさないためには、胃腸(消化器)も元気にしなくてはいけないんですね。
山崎:はい、夏は体力を消耗しやすい時期なので夏でも温かい食事や飲み物を心がけ、揚げ物や辛いものは控えめに胃腸(消化器)をいたわり十分に栄養をとることが大切です。

アナ:夏はどうしても食欲が落ち、食事も偏りますよね。どのようなことに注意したらいいでしょうか?

山崎:そうですよね、基本は温かいもの、生のものや冷たいものは控えめにし、身体が消耗しないように、睡眠も十分にとることが大切です。又大量の汗をかくと身体に必要な水分、エネルギーまで消耗し動悸、息切れ、疲労感、皮膚の乾燥、便秘などの症状を起こりやすくなります。血も濃くドロドロの血になり、動悸、胸が苦しい、不整脈、頭痛、物忘れ、手足のしびれの症状が現れます、食事ポイントは血をサラサラにする、玉ねぎ、ラッキョウ、シナモン、昆布、わかめ、赤ワインなどがいいですね。潤い不足で汗の流失を防ぐ食べ物としては、レモン、梅、トマト、いちごなどです又熱がこもり、顔が赤く、ほてり、口が渇く、冷たいものをよく飲む、イライラ、怒りっぽい、不眠、舌が赤いなどの症状がでやすい方は、食べ物として、精神を安定させる、かき、ゆりの根、身体の熱を冷ます、すいか、きゅうり、冬瓜、レンコン、緑茶などですがいいですね。

アナ:では、よく使われる漢方薬や健康食品はどんなものがありますか?

山崎:はい、体力不足や過労、汗を多くかく野外での作業やスポーツをする方は麦味参顆粒、西洋人参などが使われます。血流が悪く生活習慣病の高血圧、狭心症、動脈硬化症方は冠元顆粒、田七人参などがいいですね、
又ストレスの多い方で 情緒不安定、ねつきが悪い人は 天王補心丹、温胆湯などを使います。夏はエアコンに頼り過ぎず、夏の冷え対策も忘れずにしたいものです。
ご相談はその方の体調に合わせて一人一人対応がことなりますので、詳しくはお近くのパンダのマークの長崎中医薬研究会の会員店へご相談下さい。

アナ:ありがとうございました。次回は7月26日木曜日、担当は長与町の龍虎堂薬局   夏苅和子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会 会員店へどうぞ。詳しくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧ください。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 季節の養生、食養生 | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH