漢方健康日記 第215回 「漢方で春の花粉症対策」のお話
漢方健康日記 原稿 2019年2月13日 織田
実際の放送と内容が異なる場合もございます。

アナ:漢方健康日記 このコーナーは漢方を通じて、皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめ直して、
健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。
担当は島原市柏野町(かしわのまち)のしまばら薬局柏野店(かしわのてん)の
織田堅一郎(おだけんいちろう)さんです。宜しくお願いします。さて今日のお話は。

織田:はい、今日は『漢方で春の花粉症対策』というお話をさせていただこうと思います。

アナ:『春の花粉症対策』、私の友達にも花粉症の子がいて「そろそろ来てるみたい」と言ってましたよ!その子、毎年マスクは手放せず、ヘタしたら専用のメガネが必要らしいです。しかも、マスクはすぐズルズルになるし、「ホントつらいのよ」って嘆いてましたね。

織田:これね、なってる人は本当につらいと思います。

アナ:そうですね〜、なってみないと分からない辛さでしょうね…。

織田:漢方は、眠くなりにくいし、変にのどが渇くことも少ない。それに飲み続けることによって「花粉症の症状が出にくい体質」に変化させていくことも可能です!
   
アナ:そうなんですか!

織田:花粉症について漢方ではどう考えているか具体的にお話ししましょうか?
漢方ではね、こう考えてるんですよ、「人間は皮膚や鼻・のどの粘膜で「衛気(えいき)」というバリアを張って体を邪気から守っている」。衛気の「衛」って、防衛の衛、まもるって字。これと「元気」の「気」で「衛気」です。
この「衛気」が邪気から体を守ってるっていうんですが、邪気って言ったら、え〜、風邪やインフルエンザなんかのウィルスや細菌、花粉、ホコリ、あと化学物質なんかですかね。広く考えると暑さ・寒さ・湿気なんかも入りますが…。まあ、体に害を及ぼすような悪い物と考えればいいと思います。
この「衛気」の力が衰えると、風邪やインフルエンザなんかの感染症、そして花粉症などのアレルギー疾患に罹りやすくなると言われています。

アナ:つまり、花粉症の発症には「衛気(えいき)」の力が大きく関係しているということですね。

織田:この「衛気」の力は「免疫調節能力」とも捉えることができます。衛気の力が衰える、つまり免疫調節能力が衰えると、ちょっとした刺激、例えば花粉やハウスダストなんかにも過剰に反応してしまうようになります。これがくしゃみ・鼻水などの花粉症の症状出現に繋がるんでしょうね。

アナ:なるほど。

織田:「衛気」の力を高めて免疫調節能力を整えるということが花粉症への重要な対応法になります。「衛気」は、五臓六腑の「脾」と「肺」の力で主に作られます。だからですね、花粉症の根本的解決法は「脾」と「肺」を強くするということになります。これね〜漢方が得意な分野なんですよ〜!

アナ:何か良い漢方があるんですか?

織田:すっごく良い漢方がありますよ!その名も『衛益顆粒』!「衛気」の「衛」に
「益す」、利益の「益」って書いて『衛益』です。
「黄耆(オウギ)」「白朮(ビャクジュツ)」「防風(ボウフウ)」という3つの
薬草だけで作られた漢方ですが、「衛気」を強める働きはピカイチです!
衛益顆粒は、花粉症の症状を和らげることもできるし、花粉症になりにくい体質を目指せるというマウスでおこなった大学の研究結果も報告されています。
実際、衛益顆粒を飲むと花粉症の症状が軽くなったという方もいます。今こそおすすめの漢方ですね!今日からでもすぐ飲んでみてください。

アナ:すごいですね!花粉症でお悩みの方には、ぜひ試していただきたいですね!
あら、もう時間がないんですが、最後に、生活習慣などで「これだけは注意してくれ」というのはありますか?

織田:/べ過ぎない・飲み過ぎない
⇔笋燭たべ物・飲み物を控える
A瓩寝る
最低、この3点は守って下さい。その他の細かい注意点は、ぜひ長崎中医薬研究会のお店に行って相談して下さい。しっかりと教えてもらえると思います!

アナ:有難うございました!
次回の放送は2月27日水曜日 大村市西三城町の山崎薬品 山崎京子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。
お問い合わせは、長崎中医薬研究会ホームページをご覧いただくか、「漢方健康日記」でご検索ください。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 風邪・花粉症のお話 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第214回 「健康長寿・老化予防」のお話


実際の放送と内容が異なる場合もございます。
漢方健康日記  H31年1月23日  
アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて、皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会がお送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣をみつめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしようというものです。今日は長崎市の漢方松風堂・
太田玲子さんにお話を伺います。さて今日のお話は。

太田:はい。健康長寿・老化予防についてお話したいと思います。日本は長寿国、長寿である事は素晴らしいのですが、長寿国だと喜んでばかりではいられません。
寝たきり・認知症の方が非常に多くなっているのが現実です。
お年寄りが、健康で楽しく過ごせるという事がとても大切だと思います。
そういう私も高齢者ですので老化は痛切に感じています。
介護を受けたり寝たきりになる事なく日常生活を送れる健康寿命と平均寿命との差は、男性で約9年、女性で約13年あります。
この差は寝たきりや認知症などで介護を必要とする生活になる可能性が高い事を表しています。

アナ:私達の願いとして生きている間は、健康寿命で過ごしたいです。

太田: フレイルやロコモ、サルコペニアという言葉を最近よく聞かれると思います。

加齢や生活習慣が原因で、筋力や筋肉量が減少している、骨粗鬆症や腰、膝が痛い、体重減少、栄養状態や精神状態、認知機能などの低下により、心身の活動が低下して、ふらつき、転んで骨折する、一人暮らしが困難などに陥りやすい状態を指しています。
将来寝たきりや要介護状態になるリスクが高くなりますので、年だからしようがないと放っておかずに、早めに40代から予防改善することが大切だと思います。
要支援・要介護が必要になった人の原因の第1位は、転倒、骨折、膝・腰痛などの運動器の障害で、全体の約4人に1人がこれに該当しているそうです。

アナ:予防・改善に何か良い方法は。

太田: 予防改善には、食事、運動、社会参加大事です。中医学では、関節や筋肉などの症状も、身体全体の状態からその原因を考え、根本から改善することを大切にします。
 筋肉をつけるためには、まず大切なのは、日常の食事と運動です。食事で吸収された栄養から気・血・水を生み出しています。
食事は特に高齢者に不足がちな蛋白質、肉、魚、卵、大豆類をしっかり摂りましょう。またカルシューム、亜鉛などのミネラル類を含む食事を毎日3食、バランスよくとる必要があります。
高齢になると胃酸や消化液の分泌量も減るので消化吸収、胃腸の働きを良くする漢方薬の健脾散、健胃顆粒、晶三仙などお勧めです。胃もスッキリして食事を美味しく食べられますよ。

アナ:食事が美味しく楽しく食べられるのは元気のもとですね。

太田:また加齢による運動器官の衰えと深く関わっているのは、五臓の「腎」です。
   腎は人の成長や老化と密接に関係する臓器です。その為加齢によって腎の働きが衰えると脳の萎縮や機能低下、物忘れなどが起こり易くなります。また
   足腰の力、関節や骨などの運動器官にも老化症状がおこり様々な不調が現れます
   腎の働きを補う漢方薬の杞菊地黄丸や独歩顆粒、参茸補血丸などを予防として40代後半から服用されることをお勧めします。

アナ:運動はどのようなのが良いでしょう。

太田:骨や筋肉は、適度な運動で刺激を与えないと丈夫に保つ事が出来ません。
   ラジオ体操や膝や腰の曲げ伸ばしのストレッチ、散歩で歩くなど、無理のない範囲で、自分で出来る事は自分でする。毎日こまめに体を動かす習慣にして運動不足を解消しましょう。

また元気で長生きの為に特に重要なのは、身体の隅々まで栄養を運び、老廃物を運びだす血液・血管をきれいにし血液循環を良くする事です。
漢方薬の冠元顆粒など服用お勧めします。思うように運動ができない方には特に冠元顆粒は御薦めです。
   
精神面、社会生活としては、色々な機会をみつけては、人と触れ合い話を
   して声を出しましょう。前向きに気持良く過ごして生きたいですね。

アナ:若い時から注意が必要なのですね。
有難うございました。次回は2月13日島原市しまばら薬局織田堅一郎さんです。
   健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会会員店へどうぞ。
詳しくは長崎中医薬研究会のホームページをご覧下さい。
   このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 更年期・老年期のお話 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方健康日記 第213回 「寒い季節に悪化しやすい生理痛」のお話
『漢方健康日記』原稿 1月9日
 実際のお話と異なる場合もございます。
アナ:漢方健康日記。このコーナーは漢方を通じて皆様の健康に奉仕する長崎中医薬研究会が送りします。普段の食生活や日頃の生活習慣を見つめなおして、健康的な暮らしのお手伝いをしょうというものです。今日は長崎市の朱雀薬局・三宅涼子さんにお話を伺います。さて、今日のお話は?

三宅:はい。今日は、冬から春先にかけての寒い季節に悪化しやすい「生理痛」について お話したいと思います。

アナ:生理痛といったら酷い人もいれば、軽い人もいますよね?

三宅:はい。正常な生理とは、周期25〜30日、生理期間3〜7日、生理量約50〜100ml、生理の色は赤〜暗赤色で生理痛はないといった状態です。なので、生理痛があるというのは普通だと思っていらっしゃる方が多いようですが、そういう方は体質を改善すると生理痛のない快適な体になりますよ。
   また、生理痛といっても人それぞれ症状が違っています。

アナ:生理痛にも違いがあるのですね。どういった違いがありますか?

三宅:はい。大きく分けて4つのタイプがあります。まず、1つ目は、冷えが原因で痛みが
   起きる「寒邪」タイプです。日頃から低体温で手足が冷たくぎゅっと絞められるような痛みで、下腹部を温めると痛みが和らぎます。
   2つ目はストレス等が原因で気(エネルギー)の流れが悪く、血行を妨げる「気滞」 
   タイプ。生理1週間前くらいから気分がイライラしたり、憂鬱になったり、胸脇や    
   お腹が張って痛んだり、痛む場所や痛みの程度が変化しやすいです。
   3つ目は、血流が悪く、血液がネバネバドロドロしている「お血」タイプです。刺す
   ような痛み、又は絞られるような痛みで、このタイプの痛みは痛む部位が決まってはっきり分かります。このタイプは、生理の塊が出たあと、痛みが楽になります。
   4つ目は、脾、胃の機能が弱く、気=エネルギー、血といった栄養が足りない「気血両虚」タイプです。重だるく、鈍い痛みが続き、だるさや眠気を伴う痛みで、痛いところをさすると楽になります。

アナ:生理痛といっても、痛み方やその他に伴う症状違うのですね。
   漢方は、どういった物を使うのですか?
三宅:そうですね。まず、ベースとして婦宝当帰膠を服用して頂きます。これは、血行をよくして、身体を温める作用のある「トウキ」を主薬としており、生理がある間は生理痛がある方に限らずどなたでもベースとして服用されることをオススメします。この婦宝だけでも、生理痛が楽になることもありますが、それでも痛みがとれない方には、タイプ別で+αの処方を考えます。

アナ:なるほど。では、タイプ別というとどのような漢方がありますか?
   
三宅:はい。まず、冷えが原因の「寒邪」タイプは、血流をよくするタンジン含有製品の冠元顆粒や、温めながら血流をよくするニッケイ含有の爽月宝、飲むホッカイロと呼ばれている参茸補血丸、参馬補腎丸、双料参茸丸など。ストレスからくる「気滞」タイプは、イライラ憂鬱を改善し、気の流れをよくする開気丸、逍遥丸等。
   血液がネバネバしている「お血」タイプには、冠元顆粒、爽月宝、水快宝、芎帰調血第一加減顆粒を。「気血不足」タイプには、婦宝当帰膠、胃腸が弱い方には、補中益気丸、十全大補湯、心脾顆粒等を服用されるとよいでしょう。
   この他にも、慢性的に生理痛でお悩みの人の中には、子宮癌や子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮筋腫等も考えられますので、病院での検査もおすすめします。

アナ:色々な漢方があるのですね。何か日常で気をつけておく事とかはありますか?

三宅:はい、まず、生理期間中は冷たい物を摂らない事が大切です。身体を冷やす食べ物は、そのまま、気血の流れを滞らせ、月経血のスムーズな排泄を阻害しますので、アイスクリーム、生野菜、冷たいジュース、果物、刺身などの生ものはなるべく控えましょう。
   また、ダイエットや偏食による栄養不良や油物、乳製品等のとりすぎなど不摂生な食生活も生理痛の原因となりますので、気をつけましょう。

アナ:生理中は特に、冷やす食べ物を、気をつけないといけないのですね。

三宅:そうですね。相談に来られた方でかなり生理痛がひどく痛み止めも効かず、学校も1〜2日は必ず休むといった方がいらっしゃいました。その子は生理中でも毎日必ず氷を口に入れてなめるのが好きだと言っておりました。まず、それをやめて頂き漢方を服用することで、今は痛み止めいらずです。
   この方の様に、生理痛の原因となる生活を意外と繰り返している事が多い物です。
   まずは、辛い生理痛に悩んでいないで、パンダマークの漢方相談薬局に行かれて、自分の体質を見極めてもらう事をおすすめしますよ。
アナ:アナ:ありがとうございました。次回は1月23日 長崎市 漢方松風堂 太田玲子さんです。健康のご相談は店頭のパンダが目印の長崎中医薬研究会の会員店へどうぞ。
詳しくは長崎中医薬研究会ホームページをご覧下さい。このコーナーは長崎中医薬研究会がお送りしました。
| 婦人病・子宝のお話 | 09:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH